2016年04月14日 12時00分 UPDATE
特集/連載

まるで使い捨て感覚?安くてシンプル、「Chromebook」シンクライアントが意外に使える

低価格が売りの「Chromebook」は、モバイルワーカー向けのシンクライアント端末として使い捨て感覚で導入したり、予備の安価なVDIクライアントとして利用したりすることもできる。

[Alastair Cooke,TechTarget]
「Dell Chromebook 11」(出典:デルのプレスリリース)《クリックで拡大》

 VDI(デスクトップ仮想化インフラ)のメリットの1つとして、ユーザーが好きな端末をクライアントとして選べることが挙げられる。GoogleのOSをベースとする「Chromebook」などの安価なクライアントノートPCでもOKだ。

 ただし当然ながら、ユーザーがどんな端末を選べるといっても条件がある。その端末が仕事に使えること、そして企業が許容できないリスクを引き起こさないことだ。Chromebookはこうした条件を満たしている。Chromebookはシンプルかつ安価な端末であり、その唯一の目的は「Chrome」ブラウザを実行することだ。GoogleはChromebookの魅力として、「クラウドとの接続性」と「使い捨て感覚で導入できること」を挙げている。これは従来型のシンクライアントの特徴に似ている。そこで、Chromebookのリモートデスクトップのような使い方を検討したらどうだろう。

ChromebookをVDIで利用する

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...