2016年08月24日 12時00分 UPDATE
特集/連載

Gartnerアナリストが評価基準を解説クラウド最新ランキング発表、トップ2ベンダーがベストな選択とは限らない理由

GartnerのアナリストがIaaSプロバイダーランキングを発表し、その評価基準を解説した。ランキング上位のプロバイダーが必ずしもあなたにとってベストなチョイスとは限らないと警鐘を鳴らした。

[Jason Sparapani,TechTarget]
GartnerのIaaS評価基準《クリックで拡大》

 2016年8月15日、Gartnerが米国で開催した「Gartner Catalyst Conference」初日のセッションは、映画『スター・ウォーズ』の壮大なテーマで幕を開けた。「クラウドウォーズ」という大々的なタイトルを冠したこのセッションは、大手IaaS(Infrastructure as a Service)プロバイダー3社の比較を紹介し、数百の参加者を集めた。

 このセッションでGartnerのアナリスト、イライアス・クネイサー氏は、同社が7月に発表した『In-Depth Assessments』という一連の報告書に基づいて、IaaSプロバイダー3社、Amazon Web Services、Microsoft、Googleの最新順位を紹介した。

AWS、Azure、Google:スコア上のベストと自社にとってのベスト

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

「女神のマルシェ」がライブコマース連動企画を実施
Candeeは、セブン&アイ・ホールディングスが提供する総合通販サイト「オムニ7」および日...

news071.jpg

ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマー...

news023.jpg

「リタゲ」から「フルファネル」へ――知っていそうで知らないダイナミック広告の活用法
企業が持つアイテムデータを活用し動的(ダイナミック)に配信されるダイナミック広告が...