2016年12月21日 09時00分 UPDATE
特集/連載

中堅・中小企業のための“脱Excel”ロードマップ【第2回】データ分析はベテラン従業員の経験を否定するのだろうか? (1/2)

データ分析や人工知能(AI)が普及すると、人間の仕事が奪われるといわれています。企業の中で経験や技術、知識を蓄えた「ベテラン従業員」すら、居場所を奪われるような日が来るのでしょうか。

[村山 聡,著]

連載について

「Microsoft Excel」(以下、Excel)は、ビジネスにおいてなくてはならないソフトウェアとして、あらゆるビジネスシーンで長年広く利用されています。一方で、Excelがあまりにも普及してしまった“副作用”が少なからず見られます。ビッグデータブーム以降、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールがデータ分析ツールとして再び注目を集めましたが、いざ導入しようとすると現場の反対を受け、思うように導入が進まないといった問題も見受けられるようになりました。

「なぜ、ビジネスの現場でExcelの利用がやめられないか」――本連載では、その理由を検証し、どのようなプロセスでBIツールの導入を進めていくべきかについて解説していきます。



 ある分野において、長い年月をかけて積み上げた経験やノウハウを持つ人のことを一般的に「ベテラン」と呼称します。例えばプロ野球のようなスポーツの世界で、体力的に全盛期を過ぎたベテラン選手が、経験やノウハウを駆使して勝利に貢献する姿は称賛の対象となります。

 では企業におけるベテランとは、どのような従業員を指すのでしょうか。企業では、おおむね3つの意味でベテランという言葉を使っています。

企業にとって「ベテラン」とは、どういう従業員なのか

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

GDPR、直目前でも「知らない」「理解していない」が6割超──トレンドマイクロ調査
施行が2018年5月25日に迫るGDPR。その認知や理解は進んでいるのでしょうか。

news040.jpg

残念な企業の口コミマーケティングはどこがまずいのか? インフルエンサーが本音を語る
インフルエンサーをを困らせる口コミ依頼とはどういうものか。逆にどう接すれば喜んでも...

news027.jpg

「AIアナリスト」、Webにおけるコンバージョンを売り上げとひも付ける機能追加
WACULは、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」にWebサイト上のコンバージョンと売り...