2017年01月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

産業利用で発生するニーズとは「IoT」を爆発的に普及させるキラーアプリ 3つの候補

「IoT」はホットなトレンドだが、普及率に関する数年前の当初予測を振り返ると、やや期待外れの感がある。それはなぜなのだろうか。今のIoTに足りないことは何なのか?

[Dave McCarthy,TechTarget]
IoTの概要とイメージ (TechTargetジャパン記事「“モノが自律する時代はすぐそこ? IoTの可能性を探る」から)《クリックで拡大》

 今、IT業界でホットなトレンドが「IoT」(モノのインターネット)だ。「あらゆるものがインターネットにつながることで、企業の業務効率化と新たなビジネスチャンスの創出を可能にするエコシステムが形成される」とメディアと専門家たちは口をそろえる。だがIoTの普及率に関する数年前の当初予測を振り返ると、やや期待外れの感がある。なぜだろうか。


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news078.jpg

スターティアラボ、マーケティングオートメーションツール「BowNow」に無料プランを追加
スターティアラボは、マーケティングオートメーションツール「BowNow」に無料プランを追...

news066.jpg

マーケティング特化の人工知能「Datorama Genius」が登場
マーケティングに特化した人工知能「Datorama Genius」を発表した。

news024.png

Twitter、新広告フォーマット「ダイレクトメッセージカード」を発表
Twitter Japanは、一部の広告主向けに新しい広告フォーマット「ダイレクトメッセージカー...