2017年01月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

5つの理由を明示IoTが可能にする“SF的世界”、実現の近道はオープンソース活用 (1/2)

オープンソースによって、IoTの普及が加速する可能性がある。その理由を5つの要因から考える。

[James Kirkland,TechTarget]
オープンソースを活用することでIoTはどのように発展するのだろうか《クリックで拡大》

 私はオープンソースソフトウェアとその協業型開発の成果としてのイノベーションに期待している。そして未来のIoTに対してオープンソースがどのような貢献をするかに強い関心を抱いている。さらにいえば、オープンソースの手法を採用したことが、IoTの普及拡大や認知度の向上、早い段階での具体的成果につながったと私は考えている。

 各種のオープンソースプロジェクトと成熟したオープンスタンダードから生まれた通信プロトコルにより、さまざまデバイスがネットワークの境界を超えて通信し、データの読み取りや分類、分析、操作などを実行することが容易になった。人々が考えているSFの世界の事柄が、意外と早く実現するかもしれない。

 以下の5つの要因によって、オープンソースがIoTの普及を促進する可能性がある。

  • 相互運用性
  • イノベーション
  • 商品化までの時間短縮
  • 透明性
  • 拡張性

相互運用性

       1|2 次のページへ

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news082.jpg

「TikTok」にも対応、TWIN PLANETと電通デジタルが「MOVIE GENIC 2.0」を提供開始
TWIN PLANETと電通デジタルは、インフルエンサーの動画広告を制作・配信するソリューショ...

news061.jpg

Amazon独走にWalmartが待ったをかける、海外小売業の最新動向
今、世界の小売業のデジタルシフトはどこまで進んでいるのか。業界事情に詳しいエキスパ...

news024.jpg

目標管理はExcelか紙が7割、アナログ過ぎる日本の職場の現実――HRBrain調べ
HRBrainは「目標管理の実態と従業員の本音に関する意識調査」を実施しました。