2017年06月29日 05時00分 UPDATE
特集/連載

ビジネス市場を追い上げるGoogleやはり強い「Office 365」――対抗する「G Suite」の巻き返し策は?

Googleは企業ユーザーの支持拡大に力を注いでいる。だがMicrosoftの牙城を崩すのは難しいかもしれない。

[Ramin Edmond,TechTarget]
G Suiteの公式Webページ G Suiteの公式Webページ《クリックで拡大》

 Googleはこの2年間、クラウドベースの企業向けオフィススイート「G Suite」の改良を重ねてきた。2017年5月にはIT管理者向けのアプリケーションパッケージ「Chrome Enterprise Bundle」をリリースし、ブラウザ「Chrome」の管理機能を強化している。G Suiteは、「カレンダー」「Gmail」「ドキュメント」「スプレッドシート」「ハングアウト」「ハングアウト Meet(ビデオ会議)」などのアプリケーションをクラウド経由で提供する。Googleは2017年にG Suiteに新しいフィッシング攻撃対策を追加するなど、セキュリティや管理機能の強化を進めている。だが市場では依然として、Microsoftのクラウド版オフィススイート「Office 365」が支配的だ。

 MicrosoftとGoogle両方のパートナー企業であるHillSouthの創業者でCEOのロビー・ヒル氏によれば、HillSouthの顧客はG Suiteへの移行には関心を示していない。既にMicrosoftの「Office」をオンプレミスで利用しているから、というのがその最大の理由だという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...