2017年07月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

偉大なCIOになる方法(後編)多くのCIOが抱える3つの弱点と克服法

世界1200人のCIOにインタビュー調査を行い分析した結果、CIOとしての影響力を発揮するのに必要な特性が見えてきた。偉大なCIOとなるために、CIOが克服すべき3つの弱点とは?

[Bill Goodwin,Computer Weekly]

CIOが最優先するのは顧客

Computer Weekly

 デジタルテクノロジーに向けた動きは、今後12カ月におけるCIO(最高情報責任者)の優先事項に挙げられる。

Computer Weekly日本語版 7月19日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 7月19日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 半分以上のCIOが、戦略の最優先事項として顧客を挙げた。2015年に比べてその率は12%上昇している。他の優先課題としては、成長、業績、コスト削減、イノベーションの促進が挙げられている。

 コストよりも顧客、成長、イノベーションが上位を占めていることは興味深い。企業が成長と業績に注目するときは、その課題に関してITを重視する必要があることはかなり明確になる。

 半分以上のCIOが、デジタル化への動きが進むにつれて今後12カ月の担当部門の予算が増えると考えている。

 CIOは、顧客にデジタルサービスを提供できるスキルを備えたスタッフの雇用を計画している。求めるのは、以前はIT部門ではなくマーケティング部門に所属し、データ分析のスキルを備えたスタッフだ。

 「テクノロジーは全ビジネスのあらゆる側面において非常に重要で、企業が投資しなければならない部分と認識されている」と語るのは、DeloitteでグローバルCIOプログラムのリーダーを務めるマーク・リリー氏。

CIOのスキルギャップとそれを埋める方法

 とはいえ、CIOが実際に備えるコンピテンシーと、企業を変えるために必要なコンピテンシーにはギャップがあることをCIO自身が認めている。

 CIOは、以下の点が最大の弱点だと考えている。多くのCIOが新しいテクノロジーに対する勉強不足を感じていて、約3割が自社IT部門のデジタルスキルは平均以下だと感じている。

 最も重要なのは、CIOが管理チームの他のメンバーと個々に強固な関係を築いていく必要性を認めていることだ。

 「先頭に立つCIOは、このことを理解し、業務全体での関係構築に力を注いでいる」(リリー氏)

 つまり、CIOが関心を持つトピックではなく、他の経営幹部が関心を持つトピックについて話し合う。そうしておけば、IT業者がCEOに直接接触しても、そのCEOはミーティングの場でCIOに接触するよう伝えるだろう。

 他の経営幹部から信頼されるCIOは、デジタルハブや新興企業を支えることができるテクノロジーインキュベーターに投資することで、企業のイノベーションを促進している。また、革新的テクノロジーサプライヤーのネットワークと共同作業を行って、新しいアイデアも生み出している。

 それでも、多くのCIOがコスト削減やビジネスの効率化を最優先事項に据える必要があるという事実から目を背けないことが大切だ。

 企業に安定したインフラがなければ、CIOは安定したインフラを用意しから、デジタルテクノロジーでイノベーションを開始しなくてはならない。

テクノロジーに後れを取らない

 テクノロジーの変化はあまりにも早く、従来型のIT部門では簡単に追随できない。だが解決策はある。

続きはComputer Weekly日本語版 7月19日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 7月5日号 CIOが果たすべき3つの役割

Computer Weekly日本語版 6月21日号 Microsoft帝国からの脱出

Computer Weekly日本語版 6月7日号 Bluetooth 5仕様の真意とは?


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

マクロミル、ブランディング指標のリアルタイム調査を提供開始
マクロミルは、新リサーチサービス「リアルタイム調査」を提供開始した。

news074.jpg

ウォンテッドリーと電通、名刺管理アプリ「Wantedly People」における広告商品の共同開発へ
ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、電通と広告商品などの開発におい...

news028.jpg

和洋菓子・デザート類2兆円市場、成長の原動力はインスタ映え――矢野経済研究所調べ
スイーツ市場における成長のポイントはどこにあるのでしょうか。