TechTargetジャパン

製品資料
脆弱性にいかに対処するか 忙しいWebサイト管理者のためのWeb診断ツールの正体
 巧妙化するサイバー攻撃への対策として、企業が考慮すべきポイントは多岐にわたる。SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)などの攻撃手法への対策はもちろんのこと、Wordpress、Movable TypeなどのアプリケーションやWebサイトの脆弱(ぜいじゃく)...(2017/7/20 提供:GMOクラウド株式会社)

レポート
「第6回IoT/M2M展」「第8回クラウドコンピューティングEXPO 春」展示会レポート
IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサーなど、さまざまなアプリケーションや、クラウドコンピューティングに関する製品、サービスが一堂に集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加でき...(2017/9/12 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
クラウドサービスを「中の人」が解説――今、注目すべき重要技術とは?
 ビジネスにおけるクラウドの重要性が高まる中、クラウドベンダーの競争も激しさを増している。この競争に勝ち抜くため、クラウドベンダーはどのような技術に力を注ぎ、差別化を図っているのだろうか。国内最大規模のバックボーンネットワークを保有するベンダーを例に...(2017/10/20 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
広告効果の測定から活用まで、一気通貫のマーケティングで顧客の心をつかむ方法
 ユーザーの行動が多様化している現在、多くの企業にとってデジタルマーケティングが重要課題となっている。その最適化のためには、どの媒体・広告によって、いつ、どんな成果に至ったのか、または至らなかったのか、さらにはその理由までを網羅的に把握する必要がある。(2017/9/25 提供:株式会社ロックオン)

市場調査
クラウドインフラに関するアンケート(2017年6月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「クラウドインフラに関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、ツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与する方...(2017/9/19 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ
 パブリッククラウドを利用しても、その運用や監視などに手間やコストが掛かっていては、せっかくのクラウド化のメリットが軽減されてしまう。そこで、クラウドのメリットを享受しつつ、開発やサービス提供に専念できるように、マネージドサービスを利用する企業が増えて...(2017/4/28 提供:株式会社ISAO)

製品資料
レガシー化してしまったホスティングサービスの転換期「OEM」は何を変えるか
 ホスティングサービスは大小さまざまな企業が参入し、発展を遂げて、もはや「枯れた」ジャンルだと思っていないだろうか。しかしこの市場は今、大きな転換期を迎えている。強力なサービス力や低価格戦略を掲げる企業が市場を席巻し、様相が変化している中、ホスティング...(2016/3/30 提供:GMOクラウド株式会社)

レポート
フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略
 カジュアルアメリカンダイニング&スポーツバーとして世界中で展開する「Hooters(フーターズ)」。健康的なお色気あふれる「フーターズガール」の接客が有名だが、有名店ならではの悩みもあった。 日々多くの人が「話のタネに」と訪れるが、せっかくなら一度きりの来...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

製品資料
コールセンターで「よくある質問」をすぐに減らせる――FAQ連携の3つの価値
 コールセンター(CS)への問い合わせを削減するために、多くの企業がFAQサイトを開設している。その目的はコスト削減や業務の効率化だけではない。顧客満足度を向上させる上でもFAQサイトの活用は重要だ。 顧客にFAQサイトを積極的に活用してもらい、自己解決が進めば...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

レポート
クラウドで勝ち抜くために、ネットワークが実行すべき4つのミッション
 ビジネスやサービスが次々にクラウドで展開される今、それを支えるネットワークでは4つのキーワードが重要になっている。「オープン」シームレスなインフラが必要であり、「インテリジェント」最適化が自動で行われ、「アジャイル」絶えず変化するニーズに応え、「セキ...(2015/12/9 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
ID/パスワード入力の手間いらずで不正アクセスや情報漏えいを防止、電子証明書による認証フローのメリット
 メールやファイルのやりとりで、悪意のある第三者がなりすましや盗聴技術を用いて機密情報を詐取する事件が多発している。これらの攻撃を防御するためID/パスワードによる認証フローを用意するケースが多い。しかし、一般業務に対してこうした厳格なルールを徹底すれば...(2015/9/11 提供:GMOグローバルサイン株式会社)

比較資料
OpenStack環境のストレージ 選定ポイント
 OpenStack環境のインフラとしてストレージに着目し、製品選定のポイントを紹介する。最終ゴールは、OpenStackを導入する際のストレージ製品の選定ポイントを明確化することである。第1章ではOpenStackのストレージ関連コンポーネントについて、第2章では各ストレージベ...(2015/8/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Windows Server 2003を使い続ける3つのリスクとWindows Server 2012への移行3つのメリット
 2015年7月にWindows Server 2003のサポートが終了する。Windows XPサポート終了時のクライアントPCの切り替えとは異なり、サーバOSの移行には多くの作業と時間が必要になる。サポートの終了したサーバOSを使い続けると、セキュリティや障害発生時の対応などリスクが高く...(2014/10/21 提供:GMOインターネット株式会社)

講演資料
成功事例に見る「タブレット活用で変わる営業の現場」
 モバイルデバイスの普及、中でもタブレットの登場は、営業の現場を大きく変えた。これまでの顧客コミュニケーションは、「現場が情報不足」「訴求方法は担当者まかせ」「売れない理由が把握できない」「個別フォローは担当者まかせ」といった課題があった。これらの課題...(2014/6/30 提供:インフォテリア株式会社)

講演資料
難解なクラウド選択と構築を簡単に 初めてのクラウド導入
 多くの企業は、他社との競争に勝ち、収益アップを図るために、「コスト削減」「スピード向上」に強い関心を寄せている。特にITの世界では、この目的において、標準化や仮想化への取り組みが非常に有効とされ、普及が進んできた。そして近年、クラウドコンピューティング...(2014/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
災害対策の基本! クラウド基盤を利用したバックアップのススメ
 2011年には東日本大震災が発生、2012年には首都直下型地震の予測が発表されるなど、地震を起因とした災害の危険度は依然として高く、防災対策に油断のできない状況だ。 今や企業のビジネスを支える重要なインフラであるITシステムも、災害への対応を余儀なくされている...(2012/3/29 提供:GMOクラウド株式会社)

技術文書
自社に最適なクラウドサービス選定手法とは?
 コスト削減や効率的なシステム運用、BCP(事業継続計画)の必要性から、多くの企業でクラウドコンピューティングやサーバ仮想化へのニーズが高まっている。しかし、クラウド市場へ新規参入する事業者は増え続け、サービスが多様化している現状、サービス選定に迷う企業...(2011/12/6 提供:GMOクラウド株式会社)

レポート
クラウド導入に関する読者調査結果リポート(2013年3月)
 TechTargetジャパンは2013年3月、クラウドコンピューティング全般に関して、会員を対象にしたアンケート調査を実施した。プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)の導入状況についてまとめて...(2013/5/30 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
クラウド導入に関する読者調査結果リポート(2013年3月)
 TechTargetジャパンは2013年3月、クラウドコンピューティング全般に関して、会員を対象にしたアンケート調査を実施した。プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)の導入状況についてまとめて...(2013/3/27 提供:アイティメディア株式会社)

事例
営業力アップの<SFA>成功事例 --商談履歴の共有・活用を容易に実現するシステムとは?
[営業責任者・経営者様必見]「Sansan」は営業力の強化を実現するクラウド型SFA(Sales Force Automation 営業支援サービス)です。名刺をデータ化して共有し、営業に活用することができます。【サービス概要】・名刺をスキャンするだけで、正確な顧客データベースを構築名刺...(2011/8/25 提供:三三株式会社)

製品資料
ウェブの顧客戦略を実現する顧客管理/営業支援サービス
顧客管理/営業支援サービス「CLIENT 1 st」は、Webサイトからの見込み客を成約に繋げる戦略的 WEBマーケティングを可能にする最適なツール、それを運用するための基盤となるプラットフォームを兼ね揃えたサービスだ。顧客管理/営業支援ツールは、これまで多くの営業担当...(2007/5/16 提供:GMOホスティング & セキュリティ株式会社)

製品資料
コンバージョン率を左右するウェブサイトの信頼性 最も厳格なSSLサーバ証明書 EV SSL
 EV SSLには世界標準の認証ガイドラインがあり、SSLサーバ証明書の中で最も厳格な審査が行われ発行される。通信の暗号化はもちろん組織が物理的に実在していることも認証される。 EV SSLが導入されているウェブサイトを訪問するとアドレスバーが緑色に変わり、組織名も...(2011/8/17 提供:GMOグローバルサイン株式会社)

製品資料
【注目】競合他社に勝ち抜くためのホームページ運用の秘訣とは
今回の事例から読み取る、競合他社に勝ち抜くための「ホームページ運用の秘訣」とは何なのか!?(1)サーバー運用をどうしたらいいのか(2)どういうポイントでサーバー業者を選択すべきなのか(3)サーバーの上でどういうアプリケーションを動かすのか(4)最近注目のアプ...(2007/9/26 提供:GMOホスティング & セキュリティ株式会社)

技術文書
クラウド・スマートフォンに必須のセキュリティ ~『電子証明書』販売パートナープログラム~
 多様なビジネスモデルに対応できるグローバルサインのパートナープログラムはビジネスを加速させます。●販売後の『顧客サポート』をグローバルサインが行うため販売だけに専念できるクーポン販売。●仕入・在庫の必要がない案件ごとに販売可能な後払い制度。●定価の最...(2011/6/13 提供:GMOグローバルサイン株式会社)

その他
「在庫不要の後払い形式」SIer向け ~SSLサーバ証明書販売パートナープログラム~
 グローバルサインのパートナープログラムは在庫を持たない後払い形式で購入できます。案件毎に証明書の枚数が異なるシステム開発でもリスクを少なく再販が可能です。また、導入後の顧客サポートをグローバルサインが担当するクーポン販売も可能なため証明書に関する手間...(2011/6/13 提供:GMOグローバルサイン株式会社)

事例
あの会社がWeb会議の導入で達成したこと − Web会議/Webセミナー導入事例集
シードプランニング社2010年3月調査で、国内シェアトップのWeb会議、WebセミナーであるV-CUBE(※ nice to meet you から V-CUBE に名称変更)。1500社を超える実績から18社を紹介する。 以下の導入企業について、背景、用途、効果、お客様の声を本ホワイトペーパーで読...(2010/5/31 提供:株式会社ブイキューブ)

製品資料
月額2100円で簡単・手軽にWebサイトの更新頻度を大幅アップ
 現在、自社のWebサイトの更新頻度はどれくらいだろうか? Webサイト管理担当として専門職者を抱えるにせよ、更新の必要があるたびに外注するにせよ、Webサイトの管理運営にそこまで費用をかける必要があるのかと疑問を持っている人は多いのではないだろうか。あるいはW...(2008/4/7 提供:GMOインターネット株式会社)

製品資料
Windows環境でメールやスケジュールを簡単に一元管理
 先進のWindows Server Systemを搭載した「プレミアサーバ EXシリーズ」は、Windowsならではの特性を生かし、OutlookやMicrosoft Officeと強力に連携。使い慣れたWindows環境やOfficeアプリケーションとの高い親和性で、初心者でも簡単に使いこなすことが可能だ。さらに...(2008/1/15 提供:GMOインターネット株式会社)

製品資料
VPS(仮想専用サーバー)VPLシリーズ
root代行の新ホスティング、GMOがサービス化── 高い拡張性はそのままに、サーバの運用負荷を大幅軽減 動的なWebサービスを展開したい場合、拡張性能にすぐれたVPS(仮想専用サーバ)や専用サーバが魅力的だ。しかし、自由度が増えるほどサーバの運用負荷も増大する。それ...(2007/8/2 提供:GMOインターネット株式会社)

製品資料
アクセス認証、メール署名、メール暗号化を実現するクライアント証明書「マネージドPKI Lite」
社内データベース等へのアクセスにユーザー名とパスワードを用いた企業は多い。現在、多く用いられているID・パスワードを利用した単一要素認証は、多くのリスクを含んでいる。一度盗み出されてしまえば、その被害は個人のみならず企業にも莫大な被害をもたらす。不正アク...(2010/3/1 提供:GMOグローバルサイン株式会社)

Loading