GMOホスティング、月額980円のスマートフォン向けExchangeサービス新プランNEWS

「Microsoft Exchange Server 2003」をASPで利用できる「Exchangeサービス」のスマートフォンユーザー向けプラン「EX-00」を提供開始。月額利用料は1アカウント980円。

2008年04月25日 18時49分 公開
[TechTargetジャパン]

 GMOホスティング&セキュリティは4月25日、同社のホスティングブランド「アイル」で提供している「Exchangeサービス」において、スマートフォンユーザー向けのプラン「EX-00」の提供を開始した。

 Exchangeサービスは、マイクロソフトのグループウェア「Microsoft Exchange Server 2003」を利用できるASPサービス。電子メールを利用したスケジュール管理や情報共有をPCからだけでなく、Windows Mobile対応のモバイル端末(スマートフォンやPDAなど)でも利用できる。

 EX-00では、Exchangeサービスでより手軽にスマートフォンを活用できるようにした。サーバとスマートフォンの情報を同期させ、モバイル端末からでも常に最新のメール、スケジュール表にアクセスできる「ActiveSync機能」や、端末の紛失・盗難に遭った場合に端末からの情報漏えいを防ぐ「モバイルセキュリティ機能」などを搭載している。価格は初期費用が3150円、月額利用料は1アカウント980円。利用可能なディスク容量は40Mバイトで、1050円/100Mバイトでディスク容量の追加が可能(すべて税込み)。

 EX-00プランの対応機種は、ソフトバンクモバイルの「X01HT」「X02HT」「X03HT」「X01T」およびウィルコムの「Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH)」「W-ZERO3(WS003SH、WS004SH)」「W-ZERO[es](WS007SH)」。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...