TechTargetジャパン

製品資料
ISMS規格改訂対応に失敗しない3つのポイント
 ISMSの規格改訂リミットが近づいている。ISMSの規格「ISO/IEC27001:2005(JIS Q 27001:2006)」は、2013年10月1日に「ISO/IEC27001:2013(JIS Q 27001:2014)」に改訂発行された。現在2005年版で運用している企業は、2015年10月1日までに2013年版の改訂に対応し、移行...(2014/9/22 提供:LRM株式会社)

製品資料
ISMS規格改訂対策は信頼できるコンサルティングの見極めで決まる
 ISMSの規格「ISO/IEC27001:2005(JIS Q 27001:2006)」は、2013年10月1日に改訂発行された。現在2005年版で運用している企業は、2013年版の改訂に対応し、2015年10月1日までに移行審査を完了させなければならない。新たに改訂された項目への対応なので、自社でも対策が...(2014/9/22 提供:LRM株式会社)

事例
2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン
 インターネットのビジネス利用が拡大する中、企業のWebサイトに対するサイバー攻撃が継続的に発生している。2016年には、公開Webサーバが攻撃を受け、情報漏えいしたケースは40件以上報告されており、サーバ環境を取り巻く脅威は依然として深刻な状態である。 情報漏え...(2017/10/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは?
 近年、多くの企業で活用が進められているIoT(モノのインターネット)。その成否を分けるポイントとなるのが、さまざまな機器と連携して、データの可視化やサービスの提供を行うIoTアプリケーションだ。 既に、海の状態を可視化する海洋センサーや個室トイレの空き情報...(2017/10/19 提供:株式会社アイエンター)

製品資料
「現場」の長時間労働削減 すぐに始められる改善法の正体
 「働き方改革」推進をうたうITツールが普及し、業務改善、残業時間削減に取り組む企業が増えている中、保守メンテナンスや介護業務などの現場の作業ではIT活用が遅れており、業務フローの改善や効率化が進んでいないケースが多い。 現場での作業においてICT活用が進ま...(2017/9/25 提供:株式会社インターコム)

製品資料
領収書の自動取得からICカード対応まで、経費精算の注目機能を低コストで導入
 経費精算にかかる社員の負担は、1人につき毎月約1時間ともいわれているが、これを企業全体で見た場合のロスは決して小さくない。そのため、経費精算を効率化することで、コストの削減や、本業に費やせる時間の増加を目指す取り組みがさまざまな企業で行われるようになっ...(2017/9/7 提供:株式会社マネーフォワード)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

製品資料
脆弱性にいかに対処するか 忙しいWebサイト管理者のためのWeb診断ツールの正体
 巧妙化するサイバー攻撃への対策として、企業が考慮すべきポイントは多岐にわたる。SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)などの攻撃手法への対策はもちろんのこと、Wordpress、Movable TypeなどのアプリケーションやWebサイトの脆弱(ぜいじゃく)...(2017/7/20 提供:GMOクラウド株式会社)

レポート
約4割が「深刻なセキュリティインシデント」経験――調査が示す対策の隙
 法人組織の実に約4割が「個人情報の漏えい」や「生産・操業停止」など、ビジネスに影響を及ぼす「深刻なセキュリティインシデント」を2015年の1年間に経験している。 これはトレンドマイクロが官公庁や自治体、民間企業のセキュリティ対策の意思決定者やその関与者1375...(2017/5/1 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
約9割が「FAXはなくならない」 コクヨの独自調査で見る帳票業務効率化のカギ
 注文書などの帳票のやりとりでは、今も現役の通信手段として使われている「FAX」。製造業・流通業の受発注業務に関わる担当者などを対象に行った調査によると、約9割の企業が「FAXはなくならない」と回答したという。 もちろん、FAXや紙の帳票をなくして送受信を電子化...(2017/3/29 提供:コクヨ株式会社)

技術文書
今からでも間に合う、5分で分かるクラウドセキュリティのポイント
 SaaS、PaaS、IaaSなど、データを手元に置くことなくリソースの拡張性も高いクラウドサービスは注目を集める。毎日めまぐるしく話題が飛び交い、日々進展し続ける最新技術は便利であると同時に、迅速な情報のキャッチアップに奔走する担当者もいるのではないか。 その中...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現
 Webサイト制作で欠かせないCMSの選定に悩む企業は多い。マルチデバイス・マルチOS対応、開発費用や開発期間の圧縮など開発上の課題もあれば、サイト運営のリソース・スキル不足といった運営上の課題もある。それらを解決できるCMS選びのポイントはあるのだろうか。 そ...(2017/2/20 提供:株式会社メガ・トレード)

製品資料
請求書郵送業務の5大“あるある”課題を解消、時間短縮とミス削減の必勝法
 業務におけるペーパーレス化が進んできた現在でも、請求書だけは毎月、紙に印刷して送っているという企業は多い。社外とやりとりする書類は、相手先の都合もあるため、社内のペーパーレス化に比べると障壁が高い。 請求書発行業務は、仕分け・紙折り・封入・封緘と工程...(2016/11/14 提供:株式会社ネクスウェイ)

製品資料
モバイル活用で営業成績が伸びない理由は? 端末の利用状況を可視化する方法
 営業スタッフに配布したスマートデバイスや、高額な費用をかけて開発・導入した業務アプリが全く利用されていないといったケースが多くの企業でみられる。モバイル活用で業務効率化を狙ったものの、肝心の営業成績が伸びてこないのはなぜだろうか。 このような課題を解...(2016/9/26 提供:エムオーテックス株式会社)

レポート
「うちのセキュリティの弱点は?」がタダで分かる2つの方法
 情報システムのセキュリティを脅かすサイバー攻撃。その手法は年々巧妙化しており、マルウェアも新種や亜種が次から次へと登場しています。企業がサイバー攻撃の実害を防ぐには、こうした刻々と変化する脅威に対処する必要があります。 とはいえ、セキュリティ対策に割...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

製品資料
多店舗・多拠点企業は店舗のマイナンバー収集・管理をどう行っているか?
 マイナンバー制度への対応では、特定個人情報の漏えいや流用などのリスクを可能な限り回避することが求められる。しかし、自社でマイナンバーを安全に管理するためには、収集・保管業務の人員確保や教育、保管設備の設計や構築に多くのコストと人的リソースを投じなけれ...(2016/8/4 提供:日本電気株式会社)

レポート
帳票電子化の実態調査レポート――他社の実情と電子化推進のポイントを解説
 2015年に電子帳簿保存法の規制緩和が実施されたことで注目されるようになった電子帳票システム。業務効率化やコスト削減といった電子化による効果を最大限引き出すには、周辺業務を同時に見直すことが重要だ。 特に発行量が多く、郵送等にコストが掛かる請求書や注文書...(2016/6/30 提供:コクヨ株式会社)

技術文書
今からでも間に合う 5分で分かるクラウドセキュリティのポイント
 SaaS、PaaSやIaaSなど、データを手元に置くことなくリソースの拡張性も高いクラウドサービスは注目を集める。毎日めまぐるしく話題が飛び交い、日々進展し続ける最新技術は便利であると同時に、迅速な情報のキャッチアップに奔走する担当者もいるのではないか。 その中...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
基幹システムのクラウド化――妥協してはいけない「3つの条件」
 近年見られる大きな変化の1つに、基幹システムのクラウド移行がある。以前はミッションクリティカルなシステムをクラウドで運用することに否定的な声があったが、実際にコスト削減などを果たす事例が現れ始めたことで、方向転換を図る企業が増えている。 このクラウド...(2016/6/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
情報漏えい対策の最後の砦「ファイル暗号化」の3つの運用モデル
 マイナンバー制度の本格運用が始まる2017年7月に向けて、金融機関、官庁、教育機関だけでなく一般企業でも、サーバやPC内のファイルを暗号化する動きが進んでいる。その背景には、現時点では完全に防ぐことができないといわれる標的型攻撃の激化がある。 従来の侵入防...(2016/5/12 提供:株式会社ネスコ)

技術文書
AWSのAmazon EBS 暗号化に潜む3つの問題、クラウドのデータ暗号化はどうすべきなのか
 AWS内のデータを暗号化してセキュリティを高めるために、Amazon EBS 暗号化の採用を考えている企業は多いだろう。しかしクラウドデータの暗号化では、暗号鍵の管理、アクセス制限、権限分離など、事前に検討すべき点が多数ある。 本ホワイトペーパーでは、Amazon EBS ...(2016/2/1 提供:株式会社ソフトエイジェンシー)

製品資料
機密データや動画ストリーミングの共有もオンラインストレージが支える
 オンラインストレージの普及に伴い、「社外秘文書や業務マニュアル、研修・教育動画といったファイルを実際に相手へ渡さずに、その内容の共有や配信を行えないか」という新たなニーズが生まれている。 企業間のファイル共有が進むにつれて、安全性への配慮は一層欠かせ...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

事例
商社、通信、金融、教育の業種事例で分かる、オンラインストレージサービス選定ポイント
 オンラインストレージサービスの基本機能としては、電子メールを利用して大容量ファイルを安全に送受信できることや、異なる企業間で共有フォルダを安全に運用できることが挙げられる。また、モバイル端末上でのファイル管理や運用も広まっており、履歴の管理や上長承認...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

製品資料
どれも同じに見えるオンラインストレージ、企業利用なら必須の視点
 豊富な機能を持ち、利便性の高いオンラインストレージサービスは多い。その上で企業利用の場合、大容量データをセキュアに共有できるだけでなく、共有の際に上長承認を受けるワークフローを組み入れたり、シングルサインオンを容易に実現したりする機能なども重要になる...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

技術文書
クラウド利用時のデータ暗号化、なぜするのか、何をすればいいのか、効果はあるのか
 クラウドは多くのコンピュータリソースを集合させ、その中から多様な利便性を生んでいる。一方で、データがどこに保存されているかは不明瞭になりがちだ。そのため重要なデータを保護するためには「暗号化」が有効な施策となる。しかし、どれだけの水準で暗号化を施せば...(2016/2/1 提供:株式会社ソフトエイジェンシー)

事例
自動車部品や食品などの製造業界ごとに見る、生産システム構築の成功パターン集
 製造業の競争力の源泉である生産管理システム、従来では自社開発することがほとんどだったが、最近ではITの高度化に伴って、構築、運用、改修などにおけるコスト低減メリットから、パッケージ製品の導入を検討する企業が増加している。しかし一方で、各業界の製造過程は...(2015/12/22 提供:株式会社電通国際情報サービス)

製品資料
メディアコンテンツの多面展開に、指針と成長を与える経営管理の仕組みとは?
 映画、テレビ番組、マンガ、アニメーション、楽曲などの作品を制作し収益を得ているメディアコンテンツ業界において、豊富で優良なコンテンツを制作・流通させることが成長のカギであることは間違いない。しかし一方で、これらコンテンツの1つ1つについてコストや収益状...(2015/10/28 提供:株式会社電通国際情報サービス)

製品資料
“EC売り上げUPに直結する鉄板メール施策”を簡単にスタートできるマーケティングオートメーションとは
 1人1人にパーソナライズしたコミュニケーションを自動で実行できるマーケティングオートメーション。近年導入が進んでいるものの、初期導入や運用に苦労している企業が増えている。そんな中、2500社以上の企業に導入されているメールマーケティングシステム「WEBCAS」シ...(2015/10/21 提供:株式会社エイジア)

製品資料
メール添付できない大容量データの正しい取り扱い方
 取引先とファイルをやりとりする場合、データが大容量だとメール添付が制限されることがある。その際、Web上にある無料のファイル転送サービスを使うのが手軽で便利なのだが、やはりセキュリティが気になる。機密情報や個人情報であれば、万が一のことがあってはならな...(2015/10/9 提供:富士フイルムイメージングシステムズ株式会社)

事例
クラウドサービス事業「5つの課題」とハイパーコンバージドシステム
 クラウド事業者にとってインフラ環境整備がユーザーの要求スピードについていけず、コスト負担の増大に耐え切れなくなる事態は何としてでも避けなければならない。そのための課題は、5つに大別できる。「サービス開通までのリードタイム」「パフォーマンスの可視化」「...(2015/10/5 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

Loading