TechTargetジャパン

事例
勤怠管理は必要な機能だけ導入――低コストで在宅勤務対応から生体認証まで
 ワークスタイルの多様化や在宅勤務対応など、多くの企業で労働環境の改革が進められている。その中で、徐々に問題となり始めているのが勤怠管理システムだ。モバイル打刻や生体認証、シフト作成などの機能がそろそろ必要だが、あまりコストは掛けられないという企業も多...(2017/2/1 提供:日本アクセス株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策
 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法 2015年7月にサポートが終了したWindows Server 2003だが、まだ多くのサーバで稼働している。取りあえずWindows Server 2003...(2015/9/2 提供:アイティメディア株式会社)

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

レポート
徹底レビュー:「Windows 10」の新機能でクライアント環境はこう変わる
 Windows 10を搭載したクライアントPCやタブレットの人気が続いている。Windows 10は、ユーザーの使い勝手やセキュリティ、運用管理性を高める多数の新機能を搭載すると同時に、クライアントPCをはじめ、タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスでも同じ操作性...(2017/2/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月20日号:Windows 9は必要なのか?
 Computer Weekly日本語版 8月20日号は、以下の記事で構成されています。■ガートナーいわく「今がITの買い時」 今、IT市場には価格を押し下げる複数の要因が作用している。企業の購買担当者は、この機会をとらえて値引き交渉すべきだ。■Windows 8をスキップした企業...(2014/8/20 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN
 システムを利用しているのが誰なのか、認証技術はセキュリティの基礎ともいえる。なりすましを防止しなくてはならない一方、ユーザーの利便性を損なわないことも重要であり、そのバランスは難しい。しかしIDとパスワードの組み合わせは、安全性向上のため長く複雑になり...(2016/12/2 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途
 セキュリティにおいて認証は基本かつ重要である。悪質な攻撃に耐えるため、さまざまな端末やアプリケーションを組み合わせることも多く、認証情報を相互に受け渡すプロトコルもセキュリティの質に大きく関わってくる。 通信経路上に流れる認証情報(トークン)の盗聴や...(2016/12/2 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
そろそろ見直したいマイナンバー業務環境、安全性と利便性は低コストで改善
 既に一巡した感のあるマイナンバー対策だが、運用が定着したことで見えてきた課題もある。セキュリティは強固だが各種システムへのサインオンが不便なケースや、利便性は高いが「なりすまし」行為などへの対策が不十分なケースなど、マイナンバー業務環境に課題を抱える...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

レポート
安全性に問題ありのパスワード認証、課題解決を阻むコスト高をどう解決する?
 自社が利用するクラウドサービスや顧客に提供するB2Cサイトなどの運用担当者の間では、従来のIDとパスワードによるユーザー認証がセキュリティ対策として不十分であることは早くから知られていた。しかし、今も多くの企業がこの認証方式を採用している。 その最大の理...(2016/7/11 提供:NTTソフトウェア株式会社)

製品資料
わずか2ステップで本人確認――パスワード認証とワンタッチ認証の課題を解決
 現在、本人確認の手段として普及している認証方式には、交通システムや職場の入口などの鍵やスマートカードで用いられるセキュリティトークン方式と、さまざまなサービスのユーザー認証に用いられるパスワード方式がある。 これらの方式の問題点は、「人」の認証ではな...(2016/7/7 提供:株式会社インターナショナルシステムリサーチ)

レポート
徹底レビュー:「Windows 10」の新機能でクライアント環境はこう変わる
 Windows 10を搭載したクライアントPCやタブレットの人気が続いている。Windows 10は、ユーザーの使い勝手やセキュリティ、運用管理性を高める多数の新機能を搭載すると同時に、クライアントPCをはじめ、タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスでも同じ操作性...(2015/10/21 提供:株式会社 日本HP)

技術文書
別冊Computer Weekly 新たなセキュリティリスクと対策
 「モノのインターネット」によって生じる新たなセキュリティリスク。信頼性の高いWebサイトが使っている正規の短縮URLの悪用。限界に達したパスワード認証に代わる新たな認証技術。 セキュリティ分野では、毎日のように新たなトレンドが生まれている。本PDFは、最近注...(2014/11/12 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
認証セキュリティに関するアンケート調査リポート(2016年4月)
 TechTargetジャパンは2016年4月、TechTargetジャパン会員を対象に「認証セキュリティに関する読者調査」を実施した。本リポートでは、読者の勤務先における認証セキュリティの導入・検討状況、業務利用の状況などをまとめている。目的:TechTargetジャパン会員で情報セ...(2016/7/1 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
Webサイトの75%で脆弱性を検出、企業がすぐに着手すべきセキュリティ対策は?
 近年、大規模なサイバー攻撃では、Webサイトの脆弱性を足掛かりにして、企業ネットワークへの侵入などを図るケースが多く見られる。このような攻撃の大部分は、インフラのメンテナンスで防げるはずだが、現実には定期的な作業を怠っている企業が多く、重要データの漏え...(2017/4/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法■第2のWatsonとなるか? Cortanaで予測解析に挑むMicrosoft■「Androidユーザーはセキュリティ対策しない」ことが明らかに■...(2015/9/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法■第2のWatsonとなるか? Cortanaで予測解析に挑むMicrosoft■「Androidユーザーはセキュリティ対策しない」ことが明らかに■...(2015/9/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」が招くリスクとコスト
 企業のWebサイトや電子商取引のページなど対外的なサイトに対しては、SSLセキュリティに費用をかけることが必要であると見なされている。しかし、イントラネットのポータルやwikiなどの対内的なサイトについては、自己署名のSSLサーバ証明書を代替手段として使ってはい...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
人事労務のプロが教える、5つのタイプ別「過重労働」解消法
 近年、過重労働への社会的な関心が高まっており、今では国をあげて対策が推進されている。しかし、過重労働は業務の特性や職場風土が原因であることが多く、一朝一夕に解消できるものではない。効果的な解消法を実施するためには、まず自社の傾向を把握することが重要だ...(2017/3/15 提供:株式会社オービックビジネスコンサルタント)

技術文書
Windows 10移行戦略ガイド
 Windows 10の登場によって、Microsoftのビジネスモデルと企業のデスクトップ戦略は大きく変わった。企業はこの新しいOSにどうアプローチするべきなのか? Windows 10時代のデスクトップ戦略、管理方法、そしてユーザー用アプリケーションの展開方法を大きく変える企業...(2017/2/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
地銀の機動力とセキュリティを両立した、タブレット2000台導入プロジェクト
 総合金融グループとして福岡銀行、熊本銀行、親和銀行を傘下に抱える、ふくおかフィナンシャルグループ。同グループでは、渉外行員が顧客情報を持ち出す際に規制が多く、機動力を発揮できていなかったことから、約2000台のタブレットを導入する大規模プロジェクトを実行...(2017/2/13 提供:富士通株式会社)

プレミアムコンテンツ
「センサー」「仮想化」「フォグ」の視点からIoTを再考する
 モノのインターネット(Internet of Things:IoT)が必須事項の1つとしてその地位を確立するにつれ、その基本概念に注目するシステム・アーキテクトが増加しています。そのなかで専門家は、IoTの「構造」に対して厳しい視線を送っています。IoTを「全てがインターネット...(2016/12/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
初めての「多要素認証」で失敗しないための“10の確認リスト”
 不正に取得した正規のID/パスワードのリストを使ったアカウントリスト型攻撃が多数明るみに出ている。その背景には、多くのエンドユーザーが、複数のクラウドサービスで単一のID/パスワードの組み合わせを使い回しているという事実があり、根本的な解決は至難の業だ。(2015/5/29 提供:株式会社シマンテック)

講演資料
タッチやペン操作、リッチなUI、多様なデバイス、まとめて簡単に開発する新手法
 多彩な形態とOS環境の端末が市場にあふれている昨今、そのアプリケーションを提供する側は「どのような手段で開発するか」が重要な要素となっている。クロスプラットフォーム開発が進み、さまざまなOSに対応するハードルは下がったが、過去のノウハウやソフトウェア資産...(2016/11/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Microsoftが教える、理想のクライアント/クラウド環境を実現する12のシナリオ
 セキュリティ動向や労働環境の変化は、ビジネスに求められるクライアント環境などの条件にも影響を及ぼす。近年では標的型攻撃の激化、労働人口の減少といった社会問題が、セキュリティやワークスタイル変革、コミュニケーションに対する要件を大きく変え始めている。 ...(2016/11/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モバイルデバイスとしての「Windows 10」、業務利用に欠かせない管理ツールは?
 Windowsをスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスで利用する流れは、Windows 8/8.1から始まり、Windows 10によってさらに強まった。この流れの中で、モバイルデバイスとしての操作性だけでなく管理機能も一段と向上した。 しかし、既存のWindows向け管理方...(2016/10/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
セキュリティの観点から見た「アプリケーションとデスクトップ仮想化の効用」
 IT部門はセキュリティ強化を行いながら、エンドユーザーのさまざまなIT活用を向上させるための課題に取り組んでいる。デスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートフォンなどから、どこにいても仕事ができ、外部パートナー企業も必要に応じて社内データを共有できる...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
使いやすく強力な認証ソリューションが必要な「5つの理由」
 ユーザーIDとパスワードを使う認証方式は、利便性とセキュリティ確保の両方で限界が指摘されている。新しい2要素認証では、指紋などの生体データ、GPSの位置情報などを使うことで、安全で素早いシステムへのアクセスと確実なデータ保護を実現できる。 効果的な2要素認...(2016/9/14 提供:株式会社シマンテック)

Loading