TechTargetジャパン

製品資料
わずか2ステップで本人確認――パスワード認証とワンタッチ認証の課題を解決
 現在、本人確認の手段として普及している認証方式には、交通システムや職場の入口などの鍵やスマートカードで用いられるセキュリティトークン方式と、さまざまなサービスのユーザー認証に用いられるパスワード方式がある。 これらの方式の問題点は、「人」の認証ではな...(2016/7/7 提供:株式会社インターナショナルシステムリサーチ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策
 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法 2015年7月にサポートが終了したWindows Server 2003だが、まだ多くのサーバで稼働している。取りあえずWindows Server 2003...(2015/9/2 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
そろそろ見直したいマイナンバー業務環境、安全性と利便性は低コストで改善
 既に一巡した感のあるマイナンバー対策だが、運用が定着したことで見えてきた課題もある。セキュリティは強固だが各種システムへのサインオンが不便なケースや、利便性は高いが「なりすまし」行為などへの対策が不十分なケースなど、マイナンバー業務環境に課題を抱える...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

レポート
認証セキュリティに関するアンケート調査リポート(2016年4月)
 TechTargetジャパンは2016年4月、TechTargetジャパン会員を対象に「認証セキュリティに関する読者調査」を実施した。本リポートでは、読者の勤務先における認証セキュリティの導入・検討状況、業務利用の状況などをまとめている。目的:TechTargetジャパン会員で情報セ...(2016/7/1 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
安全性に問題ありのパスワード認証、課題解決を阻むコスト高をどう解決する?
 自社が利用するクラウドサービスや顧客に提供するB2Cサイトなどの運用担当者の間では、従来のIDとパスワードによるユーザー認証がセキュリティ対策として不十分であることは早くから知られていた。しかし、今も多くの企業がこの認証方式を採用している。 その最大の理...(2016/7/11 提供:NTTソフトウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月20日号:Windows 9は必要なのか?
 Computer Weekly日本語版 8月20日号は、以下の記事で構成されています。■ガートナーいわく「今がITの買い時」 今、IT市場には価格を押し下げる複数の要因が作用している。企業の購買担当者は、この機会をとらえて値引き交渉すべきだ。■Windows 8をスキップした企業...(2014/8/20 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
徹底レビュー:「Windows 10」の新機能でクライアント環境はこう変わる
 Windows 10を搭載したクライアントPCやタブレットの人気が続いている。Windows 10は、ユーザーの使い勝手やセキュリティ、運用管理性を高める多数の新機能を搭載すると同時に、クライアントPCをはじめ、タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスでも同じ操作性...(2015/10/21 提供:株式会社 日本HP)

技術文書
別冊Computer Weekly 新たなセキュリティリスクと対策
 「モノのインターネット」によって生じる新たなセキュリティリスク。信頼性の高いWebサイトが使っている正規の短縮URLの悪用。限界に達したパスワード認証に代わる新たな認証技術。 セキュリティ分野では、毎日のように新たなトレンドが生まれている。本PDFは、最近注...(2014/11/12 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
モバイルセキュリティ“ブラック企業”の条件は? 「世界総スマホ時代」に考える
 世界のモバイル端末の総数が、人類の数を超える――。英紙Independentの記事が説明したこの状況は、モバイル端末の普及が次の時代を迎えたことを意味する。モバイル端末を「特別なもの」だと考える時代は既に終わり、企業にとってはモバイル端末の存在を前提に、どうビ...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

製品資料
個人事業主からマイナンバーをどう集める? 安心で効率的な収集・保管のすすめ
 マイナンバー制度への対応では、特定個人情報の漏えいや流用などのリスクを可能な限り回避することが求められる。しかし、自社でマイナンバーを安全に管理するためには、収集・保管業務の人員確保や教育、保管設備の設計や構築に多くのコストと人的リソースを投じなけれ...(2016/8/4 提供:日本電気株式会社)

製品資料
場所やデバイスを問わないリモートアクセス、安全性を確保する簡単な方法とは?
 PCやスマートフォン、タブレットなどで場所を選ばずに仕事をできる環境や、私物デバイスの業務利用(BYOD)を求めるユーザーの声は日増しに強まっている。このようなワークスペース拡散につながる要望に応えるためには、セキュリティ上の課題をクリアする必要がある。 ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
マイナンバー対策を再点検、安全管理措置の技術的4条件は満たせている?
 マイナンバーを含む特定個人情報を管理する上で、企業は「利用制限」「安全管理措置」「提供制限」の3原則を知っておかなければならない。これらを遵守しなかった場合、その企業は罰則を受ける場合があるからだ。 その中の安全管理措置に関しては、事業者向けのガイド...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

製品資料
中小企業にも必須の情報漏えい対策、無理なく実現するための3つの強化プラン
 近年、大規模な情報漏えい事件が相次いでいるが、特に深刻な問題となっているのが標的型メール攻撃やランサムウェア攻撃だ。警察庁は、このようなサイバー犯罪に関して、2015年の検挙件数は約8000件、相談件数は約13万件であったと報告している。 その一方で、法制度に...(2016/7/19 提供:クオリティソフト株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年7月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年7月号をご紹介。 特集記事では、「太...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法■第2のWatsonとなるか? Cortanaで予測解析に挑むMicrosoft■「Androidユーザーはセキュリティ対策しない」ことが明らかに■...(2015/9/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法■第2のWatsonとなるか? Cortanaで予測解析に挑むMicrosoft■「Androidユーザーはセキュリティ対策しない」ことが明らかに■...(2015/9/2 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Office 365やGoogle Appsのセキュリティを補完――クラウドサービスのメールセキュリティ対策
 サイバー攻撃が日々巧妙化する中、クラウドベースのメールサービスに関しても、そのセキュリティを疑問視する声が聞かれるようになった。ベンダー各社は、マルウェア対策とデータ漏えい防止の機能が備わっているというが、実際のところ、それらは十分な対策となり得るの...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月20日号:多くの企業がやっているセキュリティミステイク
 Computer Weekly日本語版 4月20日号は、以下の記事で構成されています。■世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実■誰がどの場面で使うのか? ユースケースで生まれ変わるデスクトップPC■グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開...(2016/4/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
今、運用管理のオペレーション環境が変わる「KVMのデジタル化」がもたらす新発想
 KVMとは、キーボード(Keyboard)、ビデオ(Video)、マウス(Mouse)の頭文字をとったもので、複数サーバを1台の端末から切り替え操作できるKVMスイッチは運用管理において機器やスペースの集約化でコスト低減できる。また、遠隔操作によってマシンルームとの行き来を...(2015/10/30 提供:富士通コンポーネント株式会社)

技術文書
Windows 10移行戦略ガイド
 Windows 10の登場によって、Microsoftのビジネスモデルと企業のデスクトップ戦略は大きく変わった。企業はこの新しいOSにどうアプローチするべきなのか? Windows 10時代のデスクトップ戦略、管理方法、そしてユーザー用アプリケーションの展開方法を大きく変える企業...(2016/1/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
初めての「多要素認証」で失敗しないための“10の確認リスト”
 不正に取得した正規のID/パスワードのリストを使ったアカウントリスト型攻撃が多数明るみに出ている。その背景には、多くのエンドユーザーが、複数のクラウドサービスで単一のID/パスワードの組み合わせを使い回しているという事実があり、根本的な解決は至難の業だ。(2015/5/29 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
専門家が解説!「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」
米国の調査会社Gartner(以下、ガートナー)は2015年8月下旬に、“3Dプリンティング技術”の動向に特化した「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」を発表した。先行して発表された「先進テクノロジーのハイプサイクル2015年版」の中では、「民生用3Dプリ...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
急速に発展するワイヤレス給電市場とその技術動向
 ワイヤレス給電技術については、電磁誘導(MI:Magnetic Induction)方式と磁気共鳴(MR:Magnetic Resonance)方式の2つの標準化が進められています。いずれもコンパクトに実装でき、コストを抑えられることから、民生機器市場におけるワイヤレス給電の主要な方式とな...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
パスワードなしで認証? これからのID管理・デバイス管理の目指す姿とは
 モバイルデバイスから、企業システムやさまざまなSaaSにアクセスするようになると、まず問題となるのがID管理や認証の管理だ。各SaaSで個別のIDを利用しなくてはならない場合、ユーザーの利便性は損なわれ、サービスの利用率も低下しかねない。またパスワードの定期変更...(2015/11/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
74%がハイブリッド戦略を推進、ハイブリッドクラウド活用の「3つのポイント」
 ITシステムのクラウド移行は、ビジネスのために最適なリソースを組み合わせる「ハイブリッド」なアプローチが注目されている。クラウド、非クラウド領域を一元化し、真の意味でIT運用をサービスとして管理するために、ハイブリッドの影響を理解し、戦略を立てて導入を円...(2015/11/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
映像配信やインフラ管理、デジタルサイネージで広がるKVMのデジタル化とは
 サーバルームを物理的に独立させ、外部から遠隔操作で管理することは、機器の集約による省スペース化や排熱・騒音の低減、そしてセキュリティ向上が見込める方法である。また、多数のサーバを操作端末側で切り替えて管理できるため、運用の効率化にもつながる。 こうし...(2015/10/30 提供:富士通コンポーネント株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly 2015年セキュリティトレンド
 常に変化し続けるITセキュリティ。攻撃者の手段を理解し、新たな脆弱性を知り、次世代の防御手段を導入することが常に求められる。 本PDFでは、攻撃者が多用したセキュリティ脆弱性、ウェアラブルデバイスで顕在化したセキュリティリスク、進化を続ける認証手段のトレ...(2015/9/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
もう時間がない! マイナンバー対応準備のポイントとは?
 マイナンバー制度への対応は、企業の人事担当者だけでなく、総務、情シス、経理、経営企画など多くの部門にまたがる。そこで「導入準備」「制度対応」「マイナンバーを活用した新ビジネス展開の可能性」の3フェーズに分けて、どのようにマイナンバー制度に対応すべきか...(2015/8/12 提供:日本電気株式会社)

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」が招くリスクとコスト
 企業のWebサイトや電子商取引のページなど対外的なサイトに対しては、SSLセキュリティに費用をかけることが必要であると見なされている。しかし、イントラネットのポータルやwikiなどの対内的なサイトについては、自己署名のSSLサーバ証明書を代替手段として使ってはい...(2015/6/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Loading