2021年04月05日 18時00分 公開
ニュース

マスク付けて「顔パス」OK 三井住友FGが自社ビルに顔認証入退館システムを導入NEWS

三井住友FGは新オフィスビルに入退室管理システムを導入した。高精度の顔認証技術で従業員以外の不正入館を防ぐ。マスクを着用した人の顔認証も可能にし、従業員の利便性確保と感染症拡大防止を両立させた。

[ゼンフ ミシャ,TechTargetジャパン]

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)は2021年4月1日に開業したSMBC豊洲ビル(東京都江東区)に、マスクを付けたままで従業員の顔認証ができる入退館システムを導入した。システムにはNECグループが開発した顔認証技術を活用。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を防止し、利便性も保ちながらセキュリティの向上を図る。

マスクありでも従業員を特定、スムーズな入退室管理を可能に

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好...

news122.jpg

コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コ...

news057.jpg

データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、...