マスク付けて「顔パス」OK 三井住友FGが自社ビルに顔認証入退館システムを導入NEWS

三井住友FGは新オフィスビルに入退室管理システムを導入した。高精度の顔認証技術で従業員以外の不正入館を防ぐ。マスクを着用した人の顔認証も可能にし、従業員の利便性確保と感染症拡大防止を両立させた。

2021年04月05日 18時00分 公開
[ゼンフ ミシャTechTargetジャパン]

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)は2021年4月1日に開業したSMBC豊洲ビル(東京都江東区)に、マスクを付けたままで従業員の顔認証ができる入退館システムを導入した。システムにはNECグループが開発した顔認証技術を活用。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を防止し、利便性も保ちながらセキュリティの向上を図る。

マスクありでも従業員を特定、スムーズな入退室管理を可能に

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...