“パスワードのいらない世界”は本当に来るのか 肯定派、否定派それぞれの見解パスワードレス化への道のり【第4回】

パスワードレス認証の今後をアナリストはどうみているのか。将来、パスワードが完全になくなることは本当にあるのだろうか。そこにはさまざまな意見がある。

2022年03月09日 08時15分 公開
[Kyle JohnsonTechTarget]

 第1回「“パスワードのいらない世界”への道 『パスワードレス認証』の第一歩とは」から第3回「“パスワードのいらない世界”の実現には『マルチベンダー』が現実的な理由」までの3回にわたり、パスワードを使わない認証「パスワードレス認証」を採用する際に、企業が考慮すべき4つのポイントを紹介した。パスワードレス認証が普及すれば、パスワード認証の必要性は低下する可能性がある。将来的にパスワード認証は消えてしまうのか。

完全にパスワードはなくなるのか

 パスワード認証の未来については、さまざまな意見が存在する。

 企業ではパスワード認証が不要になるとの見方がある。「パスワード認証は時間とともに使われなくなる」と予想するのは、調査会社Gartnerでアナリストを務めるデービッド・マーディ氏だ。「GoogleやMicrosoftといったベンダーが、パスワードレス認証に多大な投資をしていることが大きな理由だ」とマーディ氏は語る。

 他方で「パスワード認証は廃れるが、完全にはなくならない」という意見もある。

 「パスワード認証が完全に役目を終えることはない」。コンサルティング企業RSM USで、セキュリティおよびプライバシーリスクサービスのプリンシパル兼ナショナルリーダーを務めるタウシーフ・ガージ氏はそう言い切る。ガージ氏は、技術が進化して便利になったはずの新しい認証ツールも、レガシーシステムも、どちらもPIN(個人識別番号)を利用していることを引き合いに出す。

 調査会社Forrester Researchでアナリストを務めるショーン・ライアン氏も「パスワード認証は日常的に使われなくなるものの、完全になくなりはしない」とみる。パスワードレス認証が成熟し、フロントエンド(エンドユーザーが操作する部分)で一般的な認証方法になる可能性はあるとライアン氏は考える。バックエンドでは、レガシーシステムが相互にやりとりを続けられるように、引き続きパスワード認証が使われると同氏はみる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...