TechTargetジャパン

製品資料
タグを「管理」「監視」した上でWebサイトを高速化 一石三鳥のタグマネジメントシステムとは
 Web解析やリターゲティング広告など、データを活用した分析や広告施策を実行する上で自社サイトへのタグ導入は必要不可欠である。一方、新しいテクノロジーが出てくるたびに、タグの導入/管理が煩雑になりオペレーション的な課題が多く発生している。 解決策として...(2013/2/26 提供:Fringe81株式会社)

レポート
大手SIerは何故メール配信システムに HDEのメールアプリケーションを選ぶのか?
「HDE Mail Application Server #Delivery」はエンタープライズ向けメール配信システムパッケージであり、携帯キャリアへの高速配信や、One to Oneマーケティングを実現する機能、さらに昨今注目されているスパム対策やメール保存機能への対応など、企業が必要とするメー...(2009/8/20 提供:株式会社HDE)

製品資料
IoTシステム構築の初歩から事例まで!「CONPROSYS」とは?
 単なるリモートIO/遠隔監視に留まらず、あらゆるモノから得られる情報を活用・分析することで、新たなサービス・製品競争力を提供することが求められている。 本資料では、M2M/IoTの初歩から市場動向も含めて紹介し、その市場に向けたM2M/IoTソリューションを簡単に構...(2016/10/3 提供:株式会社コンテック)

製品資料
ASP.NETコンポーネントの仕組みを理解し、Webフォームの実行速度を改善する方法
 Webアプリケーションは、実際に送受信されるHTML、JavaScript、CSSなどの文字量が表示時間、つまりパフォーマンスに影響する。 クライアントのブラウザ上に描画されるリッチな画面は、これらのファイルにより構成されているからである。そのためASP.NET Webフォームア...(2013/6/24 提供:グレープシティ株式会社)

製品資料
コード追加やタグ管理不要、モバイルアプリのユーザー評価は手軽に測定できる
 モバイルアプリについての調査によると、ユーザーの96%はパフォーマンスを重視しており、49%はモバイルアプリケーションが2秒以内に応答することを期待している。パフォーマンスまたは安定性に問題がある場合、53%はアプリケーションをアンインストールするか、また...(2016/1/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
“攻めのグローバル化”を推進するSAP運用サービスを支えるシステム基盤
 NTTデータグループでSAP関連サービスを統合して提供するNTTデータグローバルソリューションズ。SAP ERP専用のクラウドホスティングサービス「INERPIA」は、全世界共通の運用サービスを企業に提供可能な同社の中核サービスだ。このサービスを展開するにあたり、同社では...(2014/8/4 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年1月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年1月号をご紹介。 特集記事では、2015...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
あらゆる組織に役立つ、「Surface Pro 3」で学ぶWindowsのデバイス展開手法
 数十台、数百台のデバイスにWindows OSをインストールするには、自動化ツールが欠かせない。こうしたツールを使い、アプリケーションやドライバのインストール、Windows Updateの適用といった作業を効率化させるのだ。複数のデバイスにWindows OSや各種設定を配布するこ...(2015/5/18 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
実践ガイド:「VMware NSX」「Deep Security」環境のマルウェア感染に対処する
 近年、猛威を振るう標的型攻撃などへの対策として仮想デスクトップを導入する企業が増えている。この環境が選ばれる理由は、直接的な防御にとどまらず、万が一、マルウェアに感染しても十分な対処ができることにある。  このようなケースには「セキュリティソフトによ...(2016/8/24 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Amazon EC2のバックアップ大丈夫? AWSを生かすバックアップ設計・運用のヒント
 クラウドの普及に伴い、AWSをビジネスに活用する企業は多い。システム運用に欠かせないバックアップについて、AWSは豊富なサービスを提供しており、サーバ(Amazon EC2)のバックアップもコンソールやAPIを使って簡単に実行可能だ。しかし、手作業でのバックアップ運用...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

技術文書
Silverlight 4で作る Twitter クライアント
本文章では RIA プラットフォームの 1 つである Silverlight 4 並びに インフラジスティックス・ジャパン(株)が提供している、Silverlight 4 対応コンポーネント集、NetAdvantage for Silverlight LOB、NetAdvantage for Silverlight Data Visualization を用いた Twitt...(2010/12/7 提供:インフラジスティックス・ジャパン株式会社)

製品資料
Amazon EC2実践ガイド:HAクラスタを構築してアプリ可用性と耐障害性を確保
 高いSLAを提供するAmazon Web Services(AWS)だが、大規模障害とまったく無縁というわけではない。そこで、大規模障害に対処し、AWS上でアプリケーションの可用性を確保・向上させる手段として、オンプレミスと同じようなHAクラスタ環境を構築する企業も多い。 こうし...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
VoIPやSkype for Businessの通信品質向上に役立つ「SD-WAN」とは?
 VoIPやSkype for Businessで音声品質の劣化や通話の切断が起きるのは、IP-VPN(MPLS)やインターネット接続環境が不安定になり、パケットのロスやトラフィックの遅延が発生するからだ。この対策として契約回線の増設や帯域幅の拡大という方法があるが、不特定多数の利用...(2016/11/8 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
ITサービス刷新の実践的アプローチ13選――ANA、JTBなど先進企業の事例に学ぶ
 事業におけるITの重要性が高まるにつれ、IT部門に課せられる役割にも変化が見られ始めた。従来の課題である「生産性の向上」に加えて、「ビジネス価値の向上」が求められるようになったことが、さまざまな業界でITサービスマネジメント(ITSM)を刷新する流れを生んでい...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

レポート
失敗しないB2Bソーシャルマーケティングの鉄則
 ソーシャルマーケティングは、既にわれわれの生活に欠かせないものとなり、今も進化し続けている。単にソーシャルメディアを活用するだけでなく、ソーシャルマーケティングを行う必要がある。B2Bマーケッターの93%がソーシャルマーケティングを利用しているという調査...(2014/11/11 提供:株式会社マルケト)

技術文書
Office環境移行時に役立つOfficeテレメトリダッシュボード活用ガイド
 Officeテレメトリダッシュボードは、組織内で利用されているOfficeドキュメントやアドイン、Officeソリューションなどの利用頻度などのイベントを表示することができるExcel 2013ブック形式の互換性監視フレームワークだ。Officeテレメトリダッシュボードを活用すること...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
計測システムを構築するための完全ガイド 〜10の選定ポイント〜
最適な計測システムを構築するためには、その目的に応じた最適なツールを組み合わせる必要がある。本資料「計測システムを構築するための完全ガイド」では、それぞれのツールについて「10の選定ポイント」としてまとめた。【10の選定ポイント】・センサ・DAQデバイス・バ...(2016/12/8 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
AWS上で“オンプレミス並みのアプリ可用性”を確保するHAクラスタシステム構築法
 Amazon Web Services(AWS)でシステムの可用性を高める方法として、データベースにAmazon RDSを利用したり、Amazon EC2のリカバリー機能を利用したりするユーザーは多い。しかし、バージョンによる制約を受けるケースや、アプリケーション障害に対してユーザー自身で対...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
効果が期待できない企業SNSをマーケティングツールに変えるソリューションとは
 その高い拡散性と膨大な利用者数から、今やSNSは企業の商品・サービスの認知に計り知れない影響を及ぼしている。こうした特長に着目し、マーケティングやプロモーションのツールの1つとしてSNSを活用し、情報発信を行う企業が増えている。 しかし、利用者自身が自発的...(2016/10/7 提供:株式会社テックリンク)

製品資料
SEOの「5つの神話」は本当か? Googleのアルゴリズムの実情を解説
 検索エンジン対策として完全に定着した「SEO」(Search Engine Optimization)。その概念が初めて登場した1990年代後半から、外部リンク中心の時代を経てコンテンツ重視の時代へと至る過程では、数々の“SEO神話”が生まれてきた。 その1つが「外部リンクは効果がない...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

技術文書
DDoS攻撃対策はできている? リモートアクセスの安全性を強化する3つのポイント
 ユーザー認証と暗号化は、信頼の置けないネットワークを経由するリモートアクセスセッション(およびデータ)の機密性と完全性を保つための、定番手法だ。組織内のごく一部の従業員が、企業が管理するデバイスから、ごく少数のアプリにリモートアクセスしていた時代には...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
低コストでAIを導入――Watsonがビッグデータ分析・マーケティング分析を支援
 AIや機械学習が本格的な実用段階に入り、さまざまな場面でAIが業務における意思決定を支援し始めている。これは大企業に限った話ではなく、あらゆる規模の企業で利用が拡大している。その背景には、AI導入を阻むコストの壁が取り払われたことがある。 例えば、AIブーム...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

レポート
Predixの事例に学ぶ、日本企業のためのオープンイノベーション入門
 日本ではバズワードとして次々と消費され忘れ去られていった概念が世界ではきちんと積み上げられ、新しい競争モデル作りに活用されている。今回取り扱うのは、これらのうち「ビジネスエコシステム」「オープンイノベーション」など多くの人にとって聞き覚えのある概念だ...(2016/12/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
データおよび分析の「具体的な利益」とは? 実証的な比較研究で驚きの差
 データおよび分析がビジネスに与える変化に関心を持つ企業が増えているが、その具体的な価値についてはさまざまな議論が存在する。例えば、超巨大インターネット企業のような手法で、一般企業が同様の利益を得られるのかといった問いにはどのように答えるべきだろうか。(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
技術者への「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威の標的は、「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及び、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護できなくなっている。単一機能のアプライアンスの組み合わせは...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

比較資料
比較調査で見極める、大規模なワークロード環境に適したストレージ製品
 次世代データセンターに求められる要件は多い。拡張性や入出力性能はもちろん、運用性やデータ保護など、検討項目は細分化され、どのようなソリューションを採用すればよいのか悩ましい。 具体的な検討をしやすくするため、「即応性」「スケーラビリティ」「保証」「オ...(2016/12/15 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
不正端末・なりすまし接続を即座に検出、社内ネットワークの24時間監視
 社員がモバイル端末を当たり前のように使い始めたことで、社内ネットワークに対する不正接続の脅威がかつてないほどに増大している。そこで、不正端末によるウイルスの拡散や情報漏えいなどを未然に防ぐ、内部セキュリティ対策の導入が進んでいる。 しかし、“守りの業...(2016/12/14 提供:株式会社ギガ)

製品資料
15分で導入できる“なりすまし”対策――イントラネットから不正端末を自動排除
 近年、相次ぐ個人情報流出事件では、LAN/無線LANへ不正接続されたケースが少なからず報告されている。その主な手口には、無線LANの通信を傍受し、パスワードを特定して侵入するものと、社内ルーターの空きポートに小型無線LANルーターを接続して、ひそかに無線LAN環境...(2016/12/14 提供:株式会社ギガ)

Loading