TechTargetジャパン

事例
ビッグデータ活用でレコメンド機能を強化、DMM.comを支える高速分析基盤とは?
 2015年10月で1700万人の会員数を突破しているDMM.comグループのシステム構築と運営、Webマーケティングを手掛けているDMM.comラボ。同社は多様化する顧客のニーズに応えるため、ビッグデータを用いてユーザー特性を分析、お薦めの商品を紹介するレコメンド機能や行動分...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

製品資料
データ主導の意思決定に欠かせない「データガバナンス」をどう実現する?
 データの品質や信頼性を確保するために欠かせない「データガバナンス」をどう実現すべきだろうか。その重要性こそ周知されてきたが、一元的な意思決定が組織になじまなかったり、業務部門とIT部門の連携が不足していたり、投資対効果が不明確だったりといった理由で、導...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩
 紙の書類に依存したプロセスは、企業内にまだ80%も残っているという。承認・決済などの社内プロセスに加え、紙ならではの使いやすさもデジタル化が進まない一因だ。しかし、企業活動の透明性を確保するために厳格な文書管理を求めるなら、書類の電子化は避けては通れな...(2017/6/29 提供:アドビ システムズ 株式会社)

製品資料
IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか?
 IT業界における競争の激化により、IT事業者に対する短納期・低コスト・高品質への要求は年々高まっている。その一方で、人材や技術者の不足、システムの複雑化なども進んでおり、IT業務を高度なレベルで遂行することはますます難しくなっている。 そんな状況のなか、IT...(2017/6/27 提供:株式会社ファーストプレイス)

製品資料
費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は?
 サイバーリスクへの対策には、費用対効果の観点が欠かせない。近年は高度化するサイバー攻撃に対して多層防御や機械学習などの新たなセキュリティ技術が登場しているが、サイバーリスクの軽減には技術的に限界があり、ゼロにするにはリスクに不釣り合いな対策費用が必要...(2017/6/27 提供:株式会社ファーストプレイス)

レポート
米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ
 本コンテンツは、シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)である。157を超える国や地域で脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析し、アナリストが以下のような調査...(2017/6/19 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
金融業界に見るセキュリティ対策、今すぐ取り組むべき緊急課題とは?
 金融機関は、サイバー犯罪者から主要な標的として狙われ続けている。もちろん金融業界の多くの機関がセキュリティに積極的に投資しているが、新たな脅威が登場するたび対症療法的に製品を導入したことでセキュリティ体制が複雑化し、管理・運用の足かせとなっているケー...(2017/6/15 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
あらゆるクラウドで最適な環境を実現、次世代アプリケーション基盤の実力は?
 デジタル変革に向けた取り組みでは、クラウドネイティブアプリケーションや分散アプリケーションといった次世代型のアプリケーションが欠かせない。しかし、IT部門にとって、従来型とは異なる特性を備えた、次世代アプリケーションをサポートすることは容易ではない。 ...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
あらゆる次世代アプリに対応、仮想化プラットフォームを進化させる4つの条件
 あらゆる業界でデジタル変革が進むなか、従来のビジネスクリティカルなアプリケーションに加えて、新たなアプリケーションやワークロードの導入が進んでいる。その結果、IT環境はより大規模になり、複雑さの度合いも増している。 こうしてIT部門がサポートすべきアプリ...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ロールス・ロイスに学ぶデジタル変革――新技術から成功を生み出す発想
 デジタル変革は、何十年も続いてきたビジネスの形態さえ根本から変えてしまう。しかし、その過程において、新技術の収益化という側面はそれほど強くはない。それよりも、新技術を活用して、これまでと違った方法で人材やプロセスをまとめ上げることの方が重要といわれて...(2017/6/13 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化の評価計測、「仮想ファイアウォール」の役割
 ソフトウェア定義ネットワーク(SDN:Software Defined Network)およびネットワーク機能仮想化(NFV)の導入においては、通信事業者グレードの高度な要件への適合の基準となる、広く普及した業界ベンチマークが存在しないという課題がある。そうした現状でインテルが...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化の評価計測、「仮想プロバイダーエッジルーター」の役割
 ソフトウェア定義ネットワーク(SDN:Software Defined Network)およびネットワーク機能仮想化(NFV)の導入においては、通信事業者グレードの高度な要件への適合の基準となる、広く普及した業界ベンチマークが存在しないという課題がある。そうした現状でインテルが...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

製品資料
通信事業のためのネットワーク仮想化、セキュリティとパフォーマンスを両立せよ
 とどまるところを知らないモバイルトラフィック、俊敏性に優れた環境における高度なサービス提供、費用対効果に優れたソリューションの研究など、市場の要求の高まりを受け、通信サービスプロバイダーではネットワーク機能仮想化(NFV)が注目されている。 しかし、セ...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

製品資料
激しい競争が続く通信業界、ネットワーク仮想化によるコスト削減効果は?
 Facebook、Google、Microsoftなどとの激しい競争によって、通信サービスプロバイダー(CoSP)は値下げ圧力にさらされている。場所や時間を問わないテレフォニーやメッセージングのサービスを従来の料金に比べてはるかに低い価格で提供しなければならない。また、コスト...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

製品資料
新種マルウェアは年間4億3000万件発見、「疑わしいイベント」の調査方法
 標的型攻撃の主要な手口には、脆弱性の悪用、ソーシャルエンジニアリング、フィッシングWebサイトなどがある。攻撃者は、これらを組み合わせた手法で標的となる企業への侵入を試みるが、その際に狙われるのがエンドポイントシステムだ。 企業のインフラに入り込んだ攻...(2017/6/7 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
データセンター変革を実現する技術とは? 2wayサーバ向けプロセッサを徹底解剖
 急速に変革が進むデータセンターにおいて、プロセッサが省電力化やパフォーマンス向上、TCO削減などの面で与えるインパクトは大きい。その進化は依然として早く、処理速度向上の限界がささやかれ始めた近年でも、前世代のモデルと比べてコア数とキャッシュを20%向上さ...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

事例
世界有数の金融機関が目指した、一元的なビッグデータ分析環境とは?
 世界有数の金融機関UBS AGは、競争力の源泉として分析ツールを活用している。分析のさらなる高度化を目指して、同社が取り組んだのが、ストレージ環境とビジネスインテリジェンス環境の集約だった。単一の共有環境が確立されたことで、組織全体でのデータ活用の可能性が...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

技術文書
ITインフラ全体をソフトウェアで定義 次世代のデータセンターで何が変わるのか
 デジタルデータの増大、アプリケーションの複雑化は加速し続けている。こうした変化に対応するには、IT部門がワークロードの拡大を予測し、需要が急増する前にハードウェアを用意することがベストだが、実際問題として、その実現は難しい。 その予測を上回るリソースが...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

事例
OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは?
 BMW Groupは、車内外の顧客体験を強化するクラウド専用アプリなどを利用して収益拡大を促進している。その一方で、既存のプライベートクラウド環境には、インタフェース開発の遅れや、アプリケーション動作環境の問題、社内メンテナンスに多くの時間・コスト・人材が必...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

製品資料
「OpenStack」の複雑さを解消、クラウド構築を迅速化する統合プラットフォーム
 多くの企業におけるクラウド戦略で重要な位置を占めている「OpenStack」。しかし、OpenStackの導入は容易ではなく、クラウド固有の社内スキルと経験が必須になり、サポートやサービスを複数のベンダーやオープンソースコミュニティーに合せて調整する作業が必要になると...(2017/6/2 提供:インテル株式会社)

事例
リアルタイム分析で意思決定を加速、インテルが目指したサプライチェーン最適化
 市場環境の流動性が高まる中、多くの企業がサプライチェーンのリアルタイム管理を目指している。しかし、その実現にはシステム面で解決すべき多くの課題が残されている。例えば、リアルタイムの需給計画を妨げるデータ遅延、複雑化したデータ収集が生むデータの断片化な...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

製品資料
多様なデータを統合管理、DWHの制限を取り払う「統合分析ハブ」
 企業がデータ活用を進めていく上では、従来型のデータウェアハウス(DWH)の制約が課題となる。例えば、ソーシャルメディアなどの情報を活用する場合、分析基盤には構造化データと非構造化データの両方が大量に入ってくるが、こうしたデータから潜在的な価値を引き出す...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

製品資料
「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング
 ビッグデータ技術は日々進化し続けており、最近ではIoTデバイスなどからの膨大なデータストリームをリアルタイムに処理して予測分析を行う、といったことも可能になってきた。これにより最新の情報を駆使して、より迅速なビジネス展開を実現できる。 しかし、こうした...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

事例
4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」
 デジタル変革は、顧客接点から従業員の働き方、業務プロセスや商品・サービスそのものまで、さまざまな変革を企業にもたらす。デジタル変革はあらゆる業種・業態の企業に恩恵をもたらすものだが、特に小売業を中心としたB2Cビジネスではデジタル変革による競争が激しく...(2017/5/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
予測分析の根本課題を解説、データが正しい意思決定につながらない理由とは?
 分析モデルは、ビジネスの意思決定において中核的な役割を果たしている。しかし、分析モデルが標準化されておらず、事業ごとに独自に開発されていたり、ガイドラインが文書化されていなかったりするケースも見られる。こうしたバラバラなモデルによる分析結果を判断材料...(2017/5/23 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
ワークスタイル多様化に向けたセキュリティ対策――リスク管理の5つの鉄則
 近年はワークスタイルの多様化に向けて、場所やデバイス、使われるネットワークを問わずに業務ができる環境へのニーズが高まっている。しかし、使いやすさと生産性を保ちながらビジネスリスクを最小化することは難しく、多くのセキュリティ担当者がID管理やアクセス制御...(2017/5/12 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
“働き方を制約しない”モバイルセキュリティ対策、アクセス制御の5つの心得
 BYOD(私物端末の業務利用)やワークスタイルの多様化が進んだ現在の業務環境では、従来のセキュリティ手法で情報を守ることがますます困難になっている。そこで、場所やデバイス、ネットワークを選ばず、アプリケーションとデータを利用できる新たなアクセス制御のアプ...(2017/5/12 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする?
 組織のネットワーク内部を侵害するサイバー攻撃のほとんどは、組織外から「不審な通信」を指摘されて発覚するという。外部からの通報の場合は、その真偽の確認も必要だ。通報/検知内容を確認、適切に判断し、被害の最小化や原因の追究に向けて、迅速かつ適切なインシデ...(2017/4/28 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
コネクテッドカーのための802.11p規格とテスト手法
世界保健機関(WHO)が発表した統計によると、交通事故による死者数は1日約2,500人、年間で約100万人に上る。自動車会社も、道路の安全性の向上と、死傷事故発生率の低減のために、新しいテクノロジーを積極的に採用している。同時に、交通管理の改善、エネルギー効率の向上...(2017/4/20 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

Loading