TechTargetジャパン

レポート
仮想化環境を変革する2つの重要事項――将来のITニーズを満たす条件とは?
 モバイルやクラウド技術の進化とともに、ビジネス部門がITに抱く期待は拡大し、IT部門が持つ能力とのギャップが広がり続けている。そのギャップを埋めるため、多くの企業がデータセンターの仮想化などによる、効率性の向上やコスト削減を目指している。 しかし、IT部門...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「vSphere」環境で34%のリソース最適化を実現――運用管理ツールの5つのメリット
 ITリソースの仮想化は、サーバの統合や物理資産の利用率の向上、設備投資コスト・運用コストの削減など多様なメリットをもたらす。しかし、ITパフォーマンスを最大化するためには、仮想環境における運用管理のさらなる効率化も必要だ。 例えば、定番の仮想化製品「VMwa...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
「Microsoft Teams」は「Slack」に勝てるのか、ポイントは“働き方の劇的変化”
 Microsoftは、2016年11月にコラボレーションツール「Microsoft Teams」(Teams)を発表した。Teamsは小規模の企業や大企業の部署レベルで注目集める「Slack」の大きなライバルとして登場したが、果たしてどのような機能が実装されるのだろうか。またSlackとの違いはどこ...(2017/3/17 提供:KDDI株式会社)

レポート
インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする?
 組織のネットワーク内部を侵害するサイバー攻撃のほとんどは、組織外から「不審な通信」を指摘されて発覚するという。外部からの通報の場合は、その真偽の確認も必要だ。通報/検知内容を確認、適切に判断し、被害の最小化や原因の追究に向けて、迅速かつ適切なインシデ...(2017/3/8 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
セキュリティレポート:各国担当者への調査で分かった「5つの推奨対策」
 ITセキュリティ担当者は、新たな脅威や経営陣からの要求、侵害への対応などプレッシャーを受け続けている。一方で、多くの組織で人的資源は減少傾向にあり、職務の負担は増大する一方だ。本レポートでは、世界1400人超のITセキュリティ担当者を対象にプレッシャーとその...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

製品資料
「モバイル業務は好みのデバイスで」 ID一元管理で安全性と生産性を両立
 複数のアプリケーションへのシングルサインオン(SSO)は、あらゆるユーザーから歓迎される機能だろう。クラウドプラットフォームやSaaSアプリケーションなどIT環境が拡大したことで、ID管理は複雑化し、ユーザーと管理部門の双方に負担がかかっている。 そこで、注目...(2017/2/23 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
「IoTハッキング」事例研究:市販の防犯機器への調査で分かった10の脆弱性
 導入後にセキュリティパッチを適用できないデバイスが、これまでにないペースでネットワークに追加されている。それがIoTデバイスだ。2016年にマルウェア「Mirai」によって引き起こされた大規模なDDoS攻撃は、このようなIoTデバイスが攻撃者に悪用された場合の危険性を...(2017/2/16 提供:ラピッドセブン・ジャパン株式会社)

技術文書
管理者がアプリケーションのセキュリティ管理を行うための5つのステップ
 顧客や従業員の個人情報、ログインデータなどの機密データを扱うアプリケーションや、企業の重要データ、知的財産などを扱うアプリケーションの開発では、操作性や機能性、データ保護や暗号化などのセキュリティ向上は多くの場合で考慮される。ただし、アプリケーション...(2017/2/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化
 IT機器は一般的に、メーカーサポートの終了(EOSL:End of Service Life)に伴い、数年のサイクルで更新が余儀なくされてしまう。しかし、リプレースにはハードウェアの本体費用だけでなく、移行に伴うさまざまなコストや作業負担が掛かってしまい、デメリットも多い。(2017/2/9 提供:株式会社フィールドワン)

レポート
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?
 パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、クラウドにもさまざまな形態があり、また、その上で運用されるソフトウェアの柔軟性から仮想マシン(VM)の利用も進んできた。一方、こうした状況では、クラウドサービスのコンプライアンスやセキュリティ対策などの責任所...(2017/2/3 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

製品資料
ステルス性の高い脅威も排除、エンドポイント可視化で標的型攻撃を瞬時に検出
 標的型攻撃の主要な手口には、脆弱性の悪用、ソーシャルエンジニアリング、フィッシングWebサイトなどがある。攻撃者は、これらを組み合わせた手法で標的となる企業への侵入を試みるが、その際に狙われるのがエンドポイントシステムだ。 企業のインフラに入り込んだ攻...(2017/2/2 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
暗号鍵を守る“金庫”――鍵がなければ盗難データも解読されない
 企業におけるセキュリティ対策の優先度は高まる一方であり、その重要事項の1つが暗号化である。データを暗号化・復号する際に使用される暗号鍵の保管は特に重要であり、鍵が適切に管理されていない場合、漏えいや盗難の危険性がある。つまり、どんなに強固な暗号アルゴ...(2017/1/16 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
「アプリかデスクトップか」では解決しない仮想化への不満をどう解消する?
 ワークスタイルの多様化、セキュリティとコンプライアンスの改善、IT予算の削減など、仮想デリバリー技術はこれまでにもさまざまなビジネス上の課題を解決してきた。しかし、ほとんどの場合、ユーザーが選択できるのは仮想アプリや仮想デスクトップのいずれかだ。 この...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
Predixの事例に学ぶ、日本企業のためのオープンイノベーション入門
 日本ではバズワードとして次々と消費され忘れ去られていった概念が世界ではきちんと積み上げられ、新しい競争モデル作りに活用されている。今回取り扱うのは、これらのうち「ビジネスエコシステム」「オープンイノベーション」など多くの人にとって聞き覚えのある概念だ...(2016/12/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
生涯顧客の育成という視点、クラウドの成功は長期的な二人三脚の関係
 クラウドサービスはもはやスタンダードである。企業の80%がクラウドを導入し、「関心がない」という回答は8%にとどまった、というIDCの調査報告がこれを裏付けている。目新しさの時期は過ぎ、高い価値を実際に生み出すタイミングに来ている。 ITソリューションプロバ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
繰り返し可能な業務は必ず存在する、クラウドの成功は長期視点で最適化から
 ITソリューションプロバイダーが避けては通れないクラウドへの移行。先行コストが売上高を減少させてしまう点は課題となりやすい。しかしIDCの調査によれば、クラウド事業を継続している時間に比例して、粗利益や収益の伸びは大幅に改善されていくことが多いという。 ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
顧客の過半数は「営業と話す前に購入判断済み」 変化を迫られる販売戦略
 B2Bのソリューションや製品を導入する際は「営業担当者に連絡する前に調査を行い、購入を決めている」場合が65%を占めていた。つまり、ITソリューションプロバイダーと顧客が接触したときには、すでに購入判断が済んでいるケースが多いとIDCが報告している。 顧客にリ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
2つのキーワードが事業を変える 成功企業のインタビューが示した道筋
 クラウドサービスで成功している企業へのインタービューで明らかになったことの1つが「テクノロジーや事業の特化」だとIDCは報告している。その分野は製造業や銀行業などの業種、会計や人事、マーケティング業務、あるいはシステム管理やERPなど多岐にわたり、特化を進...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス
 世界的なパブリックITクラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaSなど)の収益は、2019年までに1412億ドルへ達するとIDCは予測している。これはIT支出全体の増加率に対して6倍近い。大多数のCIOがクラウドファースト戦略に進み、その市場は2020年までに5000億ドル規模に広がる...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
8カ国調査で分かった「深刻なセキュリティ人材不足」 打開策を4つの側面で考える
 サイバー攻撃が多発する現在、世界規模で深刻なセキュリティ人材不足が叫ばれている。50年にわたって活動する非営利団体、戦略国際問題研究所の調査によると、調査対象とした8カ国(オーストラリア、フランス、ドイツ、イスラエル、日本、メキシコ、英国、米国)がスキ...(2016/12/7 提供:Intel Security)

製品資料
今さら聞けない「SDNとSD-WANの違い」──SD-WAN最適化のために知っておくべきこと
 急速に発展を遂げるソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)の適用先はデータセンターからWAN(Wide Area Network)へと移行し始めている。その中でも注目されているのが、従来のWANよりも高度な複雑さを解消できるソフトウェア定義WAN(SD-WAN)だ。 SD-WANはハイブ...(2016/12/6 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
Amazon EC2実践ガイド:HAクラスタを構築してアプリ可用性と耐障害性を確保
 高いSLAを提供するAmazon Web Services(AWS)だが、大規模障害とまったく無縁というわけではない。そこで、大規模障害に対処し、AWS上でアプリケーションの可用性を確保・向上させる手段として、オンプレミスと同じようなHAクラスタ環境を構築する企業も多い。 こうし...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
AWS上で“オンプレミス並みのアプリ可用性”を確保するHAクラスタシステム構築法
 Amazon Web Services(AWS)でシステムの可用性を高める方法として、データベースにAmazon RDSを利用したり、Amazon EC2のリカバリー機能を利用したりするユーザーは多い。しかし、バージョンによる制約を受けるケースや、アプリケーション障害に対してユーザー自身で対...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
IT自動化からDR対策まで、ネットワーク仮想化の「4つのメリット」
 仮想環境でのインフラ運用が進むにつれ、リソースを迅速に調達する要求が激しくなり、それに応えるためにネットワークのプロビジョニングが頻繁に実施されるようになる。ネットワークの仮想化が注目されるようになった最大の理由は、この対応力を強化したいというニーズ...(2016/12/1 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
重度の被害は5.3億円、ITの中断がもたらす「風評被害」のコスト
 大規模なデータ漏えいや急増しているサイバー攻撃、システム障害など、企業は業界を問わず、ITにまつわるリスクにさらされている。米調査会社Ponemon Instituteによると、収益低下、ダウン時間、システム復旧のコストは、小規模な中断の場合で、1分当たり5万ドル(約500...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
平均損失額は379万ドル、データ侵害を防げないデータセンターの特徴とは?
 企業に対するデータ侵害の被害について調査したPonemon Instituteの報告によると、2015年中の平均損失額は379万ドルに上るという。このように情報セキュリティの脅威が急速に拡大する中、現在のセキュリティ対策への疑問の声が上がり始めている。 近年、特に問題とされ...(2016/11/25 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?
 近年、データセンターにおける中心的な技術として、仮想化とクラウドの導入が進んでいる。これにより、サーバやストレージ、ネットワークのプロビジョニングの時間が短縮されたが、その結果、今まで以上に迅速にワークロードを保護する必要が生じている。 その一方で...(2016/11/25 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
クラウド型 CAD で機敏な設計を実現!導入メリットと事例を公開
 クラウドベースのサービスや 3Dプリンティングなど、最先端のテクノロジーがこれまでになく利用しやすくなったことで、新しいデザインをすばやく調査したりプロトタイプを作成できるようになった。特に小規模メーカーやスタートアップ企業での製品開発は、規模は小さ...(2016/11/24 提供:オートデスク株式会社)

事例
ハイアールの製品の市場投入期間が15%短縮!? PLMによる新たな開発プロセス
 世界有数の白物家電メーカーであり、中国一のブランド価値を持つHaier(ハイアール) Groupは、技術研究、製造業、商業、金融業に重点を置く多国籍企業へと大きく成長してきた。 Haier Groupの製品群には96のカテゴリ、15,100種類にも及ぶ仕様があり、ビジネスの大きな...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

Loading