TechTargetジャパン

製品資料
アプリのダウンタイムを36%削減、事例に学ぶ「仮想環境の運用管理」強化術
 仮想環境における管理機能の強化は、環境全体の状況を把握し、さまざまな問題が顕在化する前に原因を特定、解決することによってなされる。これによりリソースの最適化と、ユーザーの運用効率の向上、さらには的確なタイミングでのシステム増強が可能になる。 この他に...(2016/8/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
仮想環境をツールで補完、運用管理の強化で得られる「5つのメリット」
 サーバ仮想化技術により、サーバの統合、物理資産の利用率向上、設備投資コストや運用コストの削減などの効果が得られる。しかし、それだけでは完成された仮想環境を手に入れたことにはならない。仮想環境のパフォーマンスは、さまざまな条件の変化により常に変動するか...(2016/8/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
端末やユーザーの多様化にアプリケーション/デスクトップ仮想化が強い10の理由
 リモートアクセス環境の浸透は、仕事をする場所、ユーザーの種類、アクセス方式などを一気に多様化させる。ビジネス情報は自宅、企業支給または個人所有のデバイス、パートナー企業、工場の現場など、ありとあらゆる場所に散在することになり、セキュリティ対策も複雑化...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
場所やデバイスを問わないリモートアクセス、安全性を確保する簡単な方法とは?
 PCやスマートフォン、タブレットなどで場所を選ばずに仕事をできる環境や、私物デバイスの業務利用(BYOD)を求めるユーザーの声は日増しに強まっている。このようなワークスペース拡散につながる要望に応えるためには、セキュリティ上の課題をクリアする必要がある。 ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
内部犯行を防止する「特権ID管理」、一番大変な「人」をどうコントロールするか
 特権ID管理で注意すべきは、一方的な管理強化では現場業務の効率性が低下しかねないことだ。本ホワイトペーパーでは、その点を踏まえて「信頼」と「セキュリティ」のバランスが重要と指摘し、具体的な実践手法を提示している。例えば、特権ID管理の仕組みに必要な機能は...(2016/8/1 提供:CA Technologies)

技術文書
産業/FA機器にもIoT時代が到来! マイコンの電源設計サポートが不可欠に
 「IoTの波」が産業機器の世界にも押し寄せてきました。そもそも産業機器には、高機能化・精密化・高速化を実現するため、リアルタイム処理機能の向上が要求されます。そこにIoTへの対応、つまり大量のデータを高速に処理・通信する機能も加わります。従って、よりスマー...(2016/8/1 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

技術文書
“いいモノ”だけでは売れない時代になぜ「ネジザウルス」は大ヒットしたのか?
 年間1万丁売れれば大ヒットといわれる工具業界において、2002年の発売以来、累計250万丁の販売を達成した「ネジザウルス」。 サビついたり、ネジ頭がつぶれたりしているネジをいとも簡単に外すことができるこの商品、読者の皆さんもホームセンターなどで見掛けたことが...(2016/7/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
レガシーWANからSD-WANへ、移行で得られる「5つのメリット」
 リサーチ企業のIHSによると、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)の市場規模は2014年の7億8100万ドルから2019年には130億ドルまで拡大する見込みだという。このように急速に発展を遂げるSDNだが、近年、その適用先はデータセンターからWANへと移行し始めている。 ...(2016/7/5 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
リスクを抑える端末の運用管理――モバイルデバイスとデスクトップPC併用の場合
 多くの業務でノートPC、タブレット、2-in-1デバイスなどが利用されるようになり、モバイルデバイスが従業員の標準となり始めている。しかし、強力なコンピューティングパワーを備えたデスクトップPCは今でも特定の業務で大きな効果を発揮する。 モバイルエンタープライ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

事例
端末のライフサイクル管理、デバイスが多様化しても基本方針を変えない理由
 デスクトップPCやノートPCに加え、タブレットや2-in-1デバイスなどを業務に利用する従業員が増えたことで、デバイスのライフサイクル管理が複雑化している。さらに、クライアントデバイスに対するセキュリティの重要性も以前にも増して高まっている。 この状況下で、デ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

レポート
IT部門のビジネス貢献とは何か? インテル社内の取り組み事例を解説
 インテルのIT部門では、10万人余りの従業員を71拠点/約6000人のITスタッフでサポートしている。こうした業務に加えて、同部門では成長と予算要件のバランスを取りながら、さまざまなビジネス価値を創造している。 同社のIT部門は、さまざまな障壁を地道に取り除きなが...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

レポート
インテルが実践するOSアップグレードの「ベストプラクティス」とは?
 Windows XPからWindows 7、そしてWindows 8.1へ。インテルは過去10年間で10万台以上の社内PCを新しいOSへと移行してきた。同社ではこれらの経験を基に、新しいOSの定期的な評価やテスト手法、OS導入に関するベストプラクティスを更新している。 さらに、ベストプラクテ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

レポート
2-in-1デバイスはどのくらい業務で役に立つのか?――デバイス利用調査レポート
 ノートPCとしてもタブレットとしも利用できる「2-in-1デバイス」は、業務に合わせて2種類のハードウェアを用意する必要がなく、TCOが削減できるというメリットを持つ。しかし、それぞれの利点を良いとこ取りしているようで、機能的に中途半端という見方もある。 インテ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

レポート
“情報漏えい体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」
 情報漏えい事故の要因は多岐にわたる。外部からの不正アクセスやなりすましによる攻撃だけではない。悪意のある内部犯行者、もしくは退職した元従業員が、社内の機密情報を不正に持ち出すケースも少なくない。 社内には情報を蓄積したり、処理したりするシステムが数多...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
インダストリー4.0に対応するには?――先進企業事例に見るバーチャルシフト
「バーチャルから現実へ(Virtual to Real: V2R)」という概念が出現し、製造業はV2Rへの取り組みを求められはじめている。これは、生産関連の企業が前進するために、現れつつある思考の枠組みの基盤であり、「デジタルビジネス」、「スマートファクトリー」、「インダスト...(2016/6/16 提供:ダッソー・システムズ株式会社)

レポート
企業内弁護士が苦手とするOSS――法的リスクは誰がどのように抑えるのか?
 開発現場におけるオープンソースソフトウェア(OSS)の利用が急速に進んだことで、OSSの使用規模と範囲を把握できないまま開発が進むケースが見られるようになった。GPL(General Public License)などへの違反があっても誰も気が付かないような状況が、企業にとって大...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
「そのコードにOSSは含まれているか?」 法的リスク管理は自覚から始まる
 オープンソースソフトウェア(OSS)は、ソフトウェア開発の現場に広く浸透し、Amazon.comやGoogleのような世界的な企業も積極的に活用している。IT調査会社のガートナーは、2016年までにグローバル企業の99%で、OSSが基幹ソフトウェアに組み込まれると予想している。 ...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

製品資料
Azure上にスタンバイ系を構築――ハイブリッドはBCP対策の切り札となるか?
 現在、ほとんどの企業が最優先で守るべきビジネス基盤として、データベースの存在を意識している。ITシステムの中核をなすデータベースの停止は、事業の継続を困難なものとするため、これまでにも多くの企業がBCP(事業継続計画)対策に取り組んできた。 しかし、企業...(2016/6/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
パスワードを2万円で売却――「セキュリティ意識の崩壊」が認証を揺るがす
 私用と業務用のアカウントに同じパスワードを使い回している人は半数以上――。英IT調査会社Vanson Bourneが、オフィスワーカー1000人を対象に実施したパスワード管理に関する調査の結果だ。さらに、チームメンバーの間でパスワードを共有しているとの回答も20%に及ん...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

製品資料
VDI/RDS環境はどう評価する? CPUとRAMの監視だけでは見えないユーザーの満足度
 近年、多くの企業がセキュリティ、モバイルワークなどのニーズに応えるため、仮想デスクトップインフラ(VDI)やリモートデスクトップサービス(RDS)を採用している。これらの普及が進む背景には、運用を簡略化できるという管理者側の事情もある。 しかし、それは裏を...(2016/6/1 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

製品資料
Office 365やGoogle Appsのセキュリティを補完――クラウドサービスのメールセキュリティ対策
 サイバー攻撃が日々巧妙化する中、クラウドベースのメールサービスに関しても、そのセキュリティを疑問視する声が聞かれるようになった。ベンダー各社は、マルウェア対策とデータ漏えい防止の機能が備わっているというが、実際のところ、それらは十分な対策となり得るの...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
個人のモノづくりで知っておきたい「法律」の話
 Fab施設などを利用して、個人でモノづくりを楽しんでいる皆さんの中には、「いつか自分の作品を人に売ってみたい」と思い描いている方も少なくないでしょう。 しかし、いざ「モノを売る」となった場合、気を付けなければならないのが「法律」の問題です。 従来の製造...(2016/5/22 提供:アイティメディア株式会社)

市場調査
85%の製品開発が予定通りに進まない!? 開発プロジェクトを停滞させる5つの原因とは
 今日では、製品設計が極めて困難な業務でとなっています。エンジニアには矛盾する要件や制約が提示され、それらすべてを優れた設計によって、より短期間のうちに解決することが求められます。 しかし、困難な状況ではあっても、成功しているエンジニアリング組織があり...(2016/5/10 提供:オートデスク株式会社)

レポート
被害額は1台当たり約100万円、モバイル端末を狙うマルウェアをどう防ぐ?
 業務におけるモバイル活用が広がるなか、社員のモバイル端末を狙ったデータ侵害が増加している。マルウェアに感染したモバイル端末を遠隔操作して、スクリーンショットの撮影、電話の会話の録音などの手口で情報を盗み出す事件も相次いで報告されている。 これによる被...(2016/5/2 提供:ルックアウト・ジャパン株式会社)

技術文書
「mbed」を使って初歩から学ぶARMマイコン開発
 ARMプロセッサの中で最もエントリーレベルなマイクロコントローラーの1つ「LPC1114FN28(以下、LPC1114)」を使って、マイコン開発のイロハを学ぶ。 エントリークラスとはいえLPC1114は、32bit CPUコア ARM Cortex-M0を搭載し、豊富な周辺機器(ペリフェラル)を備えて...(2016/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
調査で浮き彫りになるセキュリティチームとITオペレーションチームの壁
 2015年後半から2016年初めにかけて、北米で180人を越えるITおよびセキュリティの専門家を対象に、セキュリティインシデント対応のプロセスやテクノロジーに関する意識調査が実施された。 調査結果から浮き彫りになったのは、「インシデント対応は、セキュリティチーム...(2016/4/25 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
いまさら聞けない「暗号化」の話 次世代技術「SHA-3」とは何か?
 今やビジネスや生活の重要なインフラとなったインターネットは、同時に攻撃者にとっても格好の標的となっている。安全性を確保しながら、インターネットのメリットをいかに享受するか。その実現に当たって重要な役割を果たしてきたのが「暗号化技術」だ。暗号化技術を活...(2016/4/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
マルチソース開発でのオープンソース利用で見逃されやすい2つのリスク
 システム関連コストを低減するため、オープンソースの利用が広まっている。先行する米国では、既にソフトウェアパッケージの80%以上で利用され、ミッションクリティカル用途でもオープンソースが活躍、50万〜100万ドルのコスト削減効果も生まれていると調査会社ガート...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

Loading