データウェアハウスの事例記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、事例に関する事例の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

データウェアハウス関連の事例

ビッグデータ時代、これからの分析基盤に欠かせない3要素とは

ビッグデータ時代の到来を受けて、アナリティクス分野における新しいデータマネジメントのアーキテクチャが注目を集めている。これからのデータウェアハウス(DWH)、次世代の分析基盤に求められる条件とは。

いちよし証券がDWH専用データベースを採用した5つの理由

高速なデータ分析処理という観点で、処理性能やメンテナンス、運用コストなどを考慮してDWH構築に適したデータベースを比較。その結果、DWH専用データベースの採用を決めた。

消費者を中心に据えるP&Gのデータ分析基盤

消費財メーカーの米Procter & Gambleでは、米TeradataのDWHをクラウド上に構築し、各ブランドのWebサイトなどから集まるデータの分析に利用している。しかしながら、ここに至るまでの道のりは長かったようだ。

日本航空も活用、DWHでビッグデータ予測分析も可能な「IBM SPSS Modeler」

日本IBMの「IBM SPSS Modeler」は、簡単な操作でデータマイニングや統計解析ができる予測分析製品だ。DWHと組み合わせることで大量データを利用した予測分析も可能になる。

高まるDWHへの投資意欲、「砂金探し」のビッグデータ活用を成功させるには

ビッグデータ活用の流れに乗ってDWHへの投資意欲が増している。しかし「データ分析システムを単独で構築するだけでは、ビジネス上の実効性はない」とアナリストは指摘する。

データウェアハウス(DWH)製品紹介

企業内外データの分析のためのコアとなるデータウェアハウス(DWH)。主要DWHベンダーへの取材を基に、各製品のコンセプトやテクノロジー、特徴を紹介する。

マイクロソフトが考えるアジャイルDWH開発「3つの原則」

日本マイクロソフトのマーケティング担当者は、DWH構築のキーワードは「アジャイル」だと言う。実際同社ではどのようにDWH構築を行っているのだろうか。

マイクロソフトが実践するビッグデータ時代のアジャイルDWH構築

マイクロソフトでは自社内のDWH開発においてウォーターフォール型の開発を採用していないという。刻々と変化するデータを自在に扱うために同社はどのような開発体制を取っているのか。

Hadoopがビッグデータの分析基盤として注目されるわけ

ビッグデータをビジネスに生かすための分析基盤として注目されているHadoop。従来のRDBMSでは対応が難しい理由とともに、Hadoopがなぜビッグデータ対応に適しているのかを解説する。

[an error occurred while processing this directive](none)