NECとマイクロストラテジー、意志決定・情報共有支援のBIソフト販売で協業NEWS

NECがBIソフト「MicroStrategy 8」の販売を開始。DWHアプライアンス製品「Netezza Performance Server」との連携も可能だ。

2008年07月18日 19時12分 公開
[TechTargetジャパン]

 NECとマイクロストラテジー・ジャパンは7月18日、BI(ビジネスインテリジェンス)領域において、販売に関する協業を発表した。NECはマイクロストラテジー・ジャパンのBIソフト「MicroStrategy 8」の販売を同日より開始した。販売価格は500万円(税抜き)から。

 MicroStrategy 8は、実績分析から予測分析まで一貫した分析機能を提供するBIソフトウェア。経営層からシステム管理者まで幅広い層に分析機能を提供し、全社員による社内の課題や問題の共有を支援する。また、データを構成する定義であるメタデータの一元管理により、データの一貫性を保障するとともに、データアクセス範囲やデータ加工権限の制限によりセキュアな分析環境を提供する。

 また、MicroStrategy 8と親和性の高いNetezzaのデータウェアハウス(DWH)アプライアンス製品「Netezza Performance Server」を連携させることで、大容量の明細データを高速かつ多角的に分析するDWHソリューションとして利用することも可能だ。

 NECは、同製品について、製造・小売・通信・金融各業種の企業を対象に、今後3年間で60セットの販売を目指す。また両社はセミナーの開催や展示会での協力など、マーケティング活動や販売推進活動を共同で実施する。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。