凸版印刷、「TOPICA」で「セキュアケータイ・オプション」を提供開始NEWS

携帯電話から「サイボウズ Office セキュアASPサービス」を安全に利用できるオプションサービス

2007年07月06日 20時42分 公開
[TechTarget]

 凸版印刷は7月6日、同社が運営するデータセンター「TOPICA」において、「サイボウズ Office セキュアASPサービス」を携帯電話からも安全に利用できるオプションサービス「セキュアケータイ・オプション」の提供を同日より開始したと発表した。サイボウズ Office セキュアASPサービスは、グループウェア「サイボウズ Office」をASP形式でセキュアに利用できる環境を提供するサービス。

 セキュアケータイ・オプションは、日本ベリサインの携帯電話向け認証モジュールをサイボウズ Office セキュアASPサービスに組み込むことで、携帯電話からのアクセスにもセキュリティレベルを維持した環境を提供する。携帯電話に格納された電子証明書を使用するため、なりすましによる不正アクセスを防止し、安全性を確保。また、電子証明書による本人確認は、携帯電話では面倒なIDとパスワードの入力を省略できるとしている。まずはNTTドコモの「FirstPass(※)」に対応。販売価格は、初期費用が5000円、月間運用費用が1ユーザー当たり400円。

(※)株式会社NTTドコモが提供する電子認証サービス。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...