2007年07月26日 22時26分 公開
ニュース

日本IBM、仮想化技術によりストレージを最適化・統合するサービスを発表NEWS

さまざまな機種が混在するSAN環境でストレージの仮想化技術を活用し、容量管理の一元化、ストレージ管理作業の生産性向上、集中運用管理などの先進機能を提供

[TechTarget]

 日本アイ・ビー・エムは7月26日、仮想化技術を活用して企業のストレージ環境を最適化するITサービス「ストレージ最適化および統合支援サービス」を発表した。本サービスは、個人情報保護法や日本版SOX法などの施行に伴う、必要書類の記録・保管需要の高まりを受けたもの。同社の実績や経験を基に、システム構築の工程を「システム計画」「システム要件定義」「システム設計」「システム構築」「データ移行」「システム動作確認」の6つにメニュー化している。メニュー化することで作業項目とその進め方を事前に確認できるため、想定外の労力や時間を最小限に抑え、従来に比べて効率的にシステム構築を実現できるとしている。

 本サービスは、既存のSAN環境の統合、仮想化を実現するソリューション「IBM System Storage SANボリュームコントローラー(SVC)」を活用するもの。さまざまな機種が混在するSAN環境でストレージの仮想化技術を活用し、容量管理の一元化、ストレージ管理作業の生産性向上、共通プラットフォームによるコピーサービスや集中運用管理などの機能を提供する。SVCはストレージ使用率の向上による管理コストの削減だけでなく、ストレージの増大を防ぐことでデータセンターの消費電力削減も実現できるとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...