2008年01月11日 19時57分 公開
ニュース

ワッセイ・ソフトウェア・テクノロジー、シンクライアントOSを発売NEWS

ネットワークブート型のシンクライアントOS「Phantosys」を、開発元である台湾ARGTEK COMMUICATIONと日本国内における独占販売権の締結により発売

[TechTarget]

 ワッセイ・ソフトウェア・テクノロジーは1月11日、ネットワークブート型シンクライアントOS「Phantosys」の日本語版を、2月下旬から発売すると発表した。

 本製品は、ディスクレスの専用シンクライアント端末ではなく、一般に使われているPCをそのままシンクライアント端末として利用することが可能。クライアントの起動イメージを自由に設定できる「マルチレイヤードノード方式」を採用するため、1つのディスクイメージファイルの中に複数の環境(異なるOSなど)も構築できる。各ノードは、上位ノードとの差分データしか必要としないため、ディスクの使用量を最小にでき、さまざまなクライアント環境が混在する環境も柔軟に構築できるという。また、万一クライアントPCにトラブルが生じた際にも、直前の状態にいつでも復帰することができる。なおクライアントPCはネットワークブート規格PXE 2.0をサポートすることが条件。

 今回の発売は、同社とPhantosysの開発元である台湾ARGTEK COMMUICATIONとの日本国内における独占販売権の締結によるもの。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...