住信SBIネット銀行がRSAのフィッシングサイト閉鎖代行サービスを採用 NEWS

フィッシング詐欺対策の強化策として、フィッシングサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する「RSA FraudAction」を採用した。

2008年03月28日 19時09分 公開
[TechTargetジャパン]

 RSAセキュリティは3月28日、ネット専業銀行である住信SBIネット銀行がRSAセキュリティのフィッシングサイト対策サービス「RSA FraudAction」を採用したと発表した。

 住信SBIネット銀行は「各種取引制限(ロック機能)」「3重のパスワード」「ログイン履歴の表示」「モバイルキー」など、顧客自身が実施して安全を確認できるセキュリティ対策を提供しているが、今回、顧客がアクセスするWebサイトそのもののフィッシング対策としてRSA FraudActionを採用した。

 RSA FraudActionは、顧客に代わってフィッシングサイトの閉鎖依頼や調整を行うフィッシング被害予防サービス。全世界の大手金融機関をはじめとする250社以上で採用され、135カ国6万サイト以上をシャットダウンした実績を持つ。シャットダウンに要する時間はほとんどのケースで5時間以内であり、最短時間は5分となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...