ジュニパー、10Gbpsの性能を誇る侵入検知防御アプライアンス最新モデルを発売NEWS

ステートフル検知・防御技術を採用した侵入検知防御ソリューションの新モデル、「IDP75」「IDP250」「IDP800」「IDP8200」を発売。最上位機種の「IDP8200」は10Gbpsのスループットを実現する。

2008年04月08日 18時42分 公開
[TechTargetジャパン]

 ジュニパーネットワークスは4月8日、同社の侵入検知防御ソリューション「IDP」の最新モデル4製品を発表した。価格はいずれもオープン。

 IDPは、ステートフル検知・防御技術を採用しアプリケーションレベルの攻撃も排除する不正侵入検知防御アプライアンス。トロイの木馬やスパイウェアのネットワーク侵入を検知、感染拡大を防止するとともに、プロトコル異常検知機能によりマルウェアによるシステムの脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃からネットワークを保護する。また、日本語によるリポーティング機能も搭載している。

画像 IDP8200

 今回発表した新モデルは「IDP75」「IDP250」「IDP800」「IDP8200」の4機種。最上位機種のIDP8200は業界最高クラスの10Gbpsのスループットを実現するほか、最大80Gbpsのモジュラー型バックプレーンを備える。

 IDP75、IDP250、IDP800の3機種は、小規模事業所からサービスプロバイダーまで幅広い環境に対応。機器障害時もネットワークの接続性を維持するバイパス機能を内蔵する。また、同社のアクセス管理ソリューション「Unified Access Control」やSSL VPNアプライアンス「Secure Accessシリーズ」との連携により、脅威管理機能を強化することも可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...