F5とInfobloxが協業、DNSSEC構築を容易にする製品を提供NEWS

DNSサービスを提供するインフォブロックスの専用アプライアンスとF5のトラフィック管理製品の連携により、セキュアなDNSインフラ構築を支援する。

2010年04月01日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 F5ネットワークスジャパンとインフォブロックスは3月31日、パートナー契約を締結し、共同でDNS(Domain Name System)のセキュリティを強化するインフラ構築支援製品「DNSSEC(※Domain Name System Security Extensions)ソリューション」を提供すると発表した。

※DNSのセキュリティを向上させるための拡張機能。

 同製品は、DNSサービスを提供するインフォブロックスの専用アプライアンスと、セキュアなDNSを高速処理するF5のトラフィック管理製品「BIG-IP Global Traffic Manager」との連携により提供される。これにより、DNSの脆弱性を封じ込め、かつDNSシステムの完全性を損なう攻撃リスクを低減するインフラの構築が可能になるという。また運用管理面では、両社のDNSSECサポート機能の統合によって、リアルタイムのDNS応答署名、暗号鍵の生成・署名の自動化が可能になるといったメリットがある。

 そのほか、クレジットカード情報やパスワードの入手、電子メールのリダイレクト、アプリケーションへの攻撃による別サイトへの誘導を阻止。運用面では、BIG-IP Global Traffic Managerにより、数台のインフォブロックスの専用アプライアンスの負荷を分散させることで、高いパフォーマンスと可用性が実現するとしている。DNSに対するDoS(サービス妨害)攻撃のリスクも緩和されるという。

関連ホワイトペーパー

アプライアンス | パスワード | 脆弱性


ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...