2010年04月07日 09時00分 公開
ニュース

日本セキュアのログオン認証ソフト「SecuMAP」が指紋認証USBメモリに対応NEWS

PCログイン時のセキュリティを強化する多要素認証ソフトが、暗号化機能を備えた指紋認証USBメモリに対応。モバイルPCなどの本人認証を手軽に実現する。

[TechTargetジャパン]

 日本セキュアジェネレーションは4月6日、提供するログオン認証ソフトウェア「SecuMAP」が、エムコマースの指紋認証USBメモリ「Biocryptodisk iSecure-ProX」に対応したと発表した。

 SecuMAPは、Windows搭載PC(対応OSはXP/Vista/7)のログオンおよびWebアプリケーション利用時の本人認証を、ICカード(FeliCa)やUSBアクセスキー、生体認証(指紋、静脈)などの各種認証方法に置き換えることで、セキュリティ性能と利便性を向上させるシステム。価格はオープン。

 今回、暗号化機能(AES256ビット準拠)を備えた指紋認証USBメモリに対応したことで、同USBメモリをPCのログオン認証に利用可能となった。USBメモリは小型、軽量であることから、モバイルPCなどでの本人認証が手軽にできるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...

news020.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news169.jpg

「インターネット広告は目障り」が75.5%――リチカ調査
企業が広告を配信するときにはターゲットの興味関心に合わせつつ、「広告も情報メディア...