2010年10月15日 11時00分 UPDATE
ニュース

NEWSフォーティネットが11n対応の無線アクセスポイントを発表、FortiGateとの連携で低コスト提案

シンクライアント型の社内無線LANアクセスポイント「FortiAP-220B」を発表。FortiGateと連携すればセキュアな無線ネットワーク環境を低コストかつ容易に構築可能とする

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 フォーティネットジャパンは10月15日、IEEE 802.11n環境に対応したシンクライアント型の社内無線LANアクセスポイント「FortiAP-220B」を発表した。既存のUTM(統合脅威管理)製品「FortiGateシリーズ」と連携することでセキュアな社内無線ネットワーク環境を低コストで構築できるほか、新規顧客に対してもPoE(Power over Ethernet:イーサネット給電)対応のUTM「FortiGate-200B POE」などと組み合わせたソリューションとして提案する。

画像 「FortiAP-220B」。アクセスポイントの識別子であるSSID(Service Set Identifier)は16個まで設定可能

 FortiGateシリーズは、国内で約6万台の導入実績があるUTMである。同社では、今後企業内でもiPadなどPC以外のモバイル機器を活用した接続需要が増加することを見越し、既存のFortiGateユーザーへ低価格かつ容易に構築できる無線環境を提供する。FortiAP-220Bと連携する際には、FortiGateを無線LANコントローラーとして活用する。また、FortiGate-200B POEと組み合わせれば、FortiGateから直接電源供給を受けることも可能となる。

 「管理者は、使い慣れたFortiGateのプラットフォーム上で社内ネットワーク環境を管理できる。FortiGateと連携する利点として新規に無線専用コントローラーを用意する必要がなく工事費が削減できるなど、既存顧客に対して大きなコスト効果を提供できる」(同社)

画像 FortiAP-220Bの導入例。FortiGateとFortiGate-200B POEを使用してFortiGateから電源供給する場合(資料=左)と、PoE対応スイッチとFortiGateを組み合わせてセキュアな無線環境を構築した場合(資料=右)

 新規ユーザーに対しては、FortiGate-200B POEのほか、PoE対応のスイッチと接続することで、IEEE 802.11nに標準対応した最大300Mbpsの接続環境を提供する。

 参考価格は、FortiAP-220Bが初年度サポート料金(FortiCare)込みで11万9000円(税込み)。FortiGate-200B POEが同じくサポート料金込みで113万9000円(税込み)。導入時には、エカハウのサイトサーベイツールで事前にオフィスのネットワーク環境をテスト、プランニングすることで、各機器の必要設置台数を見積もり可能。

関連ホワイトペーパー

UTM | IEEE | アプライアンス | シンクライアント | 無線LAN


ITmedia マーケティング新着記事

news031.jpg

スマホのQRコード決済サービス、半数近くの人はキャンペーン終了後も「利用する」――ナイル調べ
キャンペーンに注目が集まるスマホのQRコード決済サービス。実際にはどの程度利用されて...

news116.jpg

電通ダイレクトマーケティングとCandeeがアフィリエイト型ライブコマースで協業
アフィリエイト型の料金体系のため、低リスクでのお試し出稿が可能。

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。