Webサイトの診断・防御・復旧を1台でカバーするWAF「Fortinet FortiWeb」「WAF」製品紹介【第5回】フォーティネット編

フォーティネットのWAFは、一般的なWAFが外部からの悪意あるアクセスに対する防御を主眼としているのに対し、診断と復旧というユニークな機能を組み合わせている。

2011年02月25日 09時00分 公開
[渡邉利和]

 UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)市場でトップシェアを誇り、リーダー企業でもあるフォーティネットジャパン(以下、フォーティネット)。同社では、WAFを「FortiWeb」という名称で製品化している。一般的なWAFが外部からの悪意あるアクセスに対する防御を主眼としているのに対し、FortiWebでは診断および復旧というユニークな機能を組み合わせ、「診断・防御・復旧」の3機能でWebサイトを保護する点が特長だ。

 以下、各機能を順番に紹介しよう。

脆弱性診断機能

 まず診断だが、FortiWebではWebサーバWebアプリケーション脆弱性診断機能が実装されており、定期的に脆弱性スキャンを実施してリポートを出力する。セキュリティ診断は一般に有償のサービスであることを考えると、破格の機能だといえるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...