2011年07月26日 09時00分 公開
特集/連載

国産WAFの先駆けで信頼を集めるソフトウェア型WAF「SiteGuard」「WAF」製品紹介【第11回】ジェイピー・セキュア

ジェイピー・セキュアが国内のセキュリティベンダーとしていち早く製品化したソフトウェア型のWAFは、SI事業者をはじめとする「ITの専門家」に選定されるこの分野の定番製品となっている。

[渡邉利和]

 ITの分野では、どうしても新しい技術や製品は米国などでまず生まれ、それが日本国内にも持ち込まれるという経緯をたどる例が多い。WAFも例外ではなく、最初にWAFというコンセプトが生まれ、製品化されたのは日本ではなかった。代表的な製品と目されるものの多くは、海外ベンダーの製品であるのが実情だ。

 ただし、こうした海外製品が常に国内ユーザーの全ての需要を満たすわけではないのも確かである。実際に、国産ベンダーの製品を使いたいと望むユーザーも多く存在する。もちろん、製品として確かな機能/品質を備えていることが大前提となるが、その上でサポート体制やレスポンスの速さなど、海外ベンダーにはどうしてもまねできない優位が国産ベンダーには存在するからだ。

セキュリティ専門家との連携

 ジェイピー・セキュアが国内のセキュリティベンダーとしていち早く製品化した「SiteGuard」は、Linux用として実装されたソフトウェア型のWAFだ。WebサーバがLinux上で稼働している場合はWebサーバと同じサーバ上にインストールできるし、Webサーバとは別にWAF専用のLinuxサーバを用意するという形にもできる。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...