2011年12月13日 09時00分 公開
特集/連載

64ビット版Windowsでもアプリは32ビット版を使うべきか?64ビット版Office 2010への移行は要注意

OSの64ビット化に伴い、アプリケーションも64ビット化すべきだろうか。その際は、アドオンやプラグインが64ビット環境に対応できるかを検討しなければならない。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 米Microsoftは、サーバ製品の最新の運用バージョンを64ビット版のみとすることで、32ビットシステムから脱却する姿勢を明確に打ち出した。しかし、64ビット版のWindowsデスクトップで使われているアプリケーションは、Microsoft Officeを含め、いまだに32ビット版が主流だ(関連記事:【Q&A】32ビット版Windowsから64ビット版に移行する際の注意点)。

 多くの企業が64ビット版のWindowsデスクトップを運用している。そのような企業にはOffice 2010も64ビット版が最適なようにも思えるが、興味深いことに実際はそうではない。以下に、Microsoft Officeの32ビット版を使い続けた方がよい理由を幾つか挙げる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...