2011年12月13日 09時00分 公開
特集/連載

64ビット版Windowsでもアプリは32ビット版を使うべきか?64ビット版Office 2010への移行は要注意

OSの64ビット化に伴い、アプリケーションも64ビット化すべきだろうか。その際は、アドオンやプラグインが64ビット環境に対応できるかを検討しなければならない。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 米Microsoftは、サーバ製品の最新の運用バージョンを64ビット版のみとすることで、32ビットシステムから脱却する姿勢を明確に打ち出した。しかし、64ビット版のWindowsデスクトップで使われているアプリケーションは、Microsoft Officeを含め、いまだに32ビット版が主流だ(関連記事:【Q&A】32ビット版Windowsから64ビット版に移行する際の注意点)。

 多くの企業が64ビット版のWindowsデスクトップを運用している。そのような企業にはOffice 2010も64ビット版が最適なようにも思えるが、興味深いことに実際はそうではない。以下に、Microsoft Officeの32ビット版を使い続けた方がよい理由を幾つか挙げる。

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news063.jpg

iOS 14新機能「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法
Appleの最新OS「iOS 14」に搭載された新機能の一つ「App Clip」を自社ビジネスに活用する...

news047.jpg

読書「好き」59.7% 新聞「読まない」67.3%――日本財団が「読む・書く」をテーマに18歳意識調査
日本財団は「読む・書く」をテーマに30回目の18歳意識調査を実施しました。