【導入効果】社内データを流出や破壊から守る「脆弱性対策」脆弱性診断からパッチ管理まで手段が充実

脆弱性を悪用したサイバー攻撃の増加に伴い、重要度が高まっているのが「脆弱性対策」である。本稿は、脆弱性対策の効果や現状について解説する。

2012年05月22日 09時00分 公開
[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 サイバー攻撃の被害を防ぐ手段として、ソフトウェアの脆弱性対策の重要性が高まっている。攻撃者がシステムに侵入したりマルウェアに感染させるための足掛かりとして、未対策の脆弱性を悪用することが増えているからだ。

 本稿は、脆弱性対策に詳しい情報処理推進機構(IPA)情報セキュリティ技術ラボラトリー研究員の渡辺貴仁氏の話を基に、脆弱性対策の効果や最新動向、課題などを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...