2012年05月22日 09時00分 公開
特集/連載

【導入効果】社内データを流出や破壊から守る「脆弱性対策」脆弱性診断からパッチ管理まで手段が充実

脆弱性を悪用したサイバー攻撃の増加に伴い、重要度が高まっているのが「脆弱性対策」である。本稿は、脆弱性対策の効果や現状について解説する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 サイバー攻撃の被害を防ぐ手段として、ソフトウェアの脆弱性対策の重要性が高まっている。攻撃者がシステムに侵入したりマルウェアに感染させるための足掛かりとして、未対策の脆弱性を悪用することが増えているからだ。

 本稿は、脆弱性対策に詳しい情報処理推進機構(IPA)情報セキュリティ技術ラボラトリー研究員の渡辺貴仁氏の話を基に、脆弱性対策の効果や最新動向、課題などを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...