2013年04月15日 08時00分 公開
特集/連載

クライアント端末の無線LAN接続を安全にしたい課題解決ナビ

スマートフォンやタブレット、クライアントPCから無線LANを安全に利用したい――。その解決策となるのが、端末やネットワークレベルのアクセス制御だ。具体策を紹介しよう。

[TechTargetジャパン]

 無線LANを利用する際に重要になるのがセキュリティ対策だ。無線LANを安全に使うには、通信経路の暗号化を施すのは当然だ。それに加え、端末やネットワークにおいてアクセス制御を行うことで、無線LAN利用の安全性を向上できる。

 従業員でなくても自由に無線LANが利用できてしまう状況は危険だ。企業が管理していない不審な端末から無線LANへアクセスされてしまうのも避けたい。正当なユーザー、端末であったとしても、セキュリティポリシーに合致していない端末からのアクセスは防ぐ必要がある。こうした課題を解決し、安全な無線LAN利用を実現する具体策を紹介しよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...