クライアント端末の無線LAN接続を安全にしたい課題解決ナビ

スマートフォンやタブレット、クライアントPCから無線LANを安全に利用したい――。その解決策となるのが、端末やネットワークレベルのアクセス制御だ。具体策を紹介しよう。

2013年04月15日 08時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 無線LANを利用する際に重要になるのがセキュリティ対策だ。無線LANを安全に使うには、通信経路の暗号化を施すのは当然だ。それに加え、端末やネットワークにおいてアクセス制御を行うことで、無線LAN利用の安全性を向上できる。

 従業員でなくても自由に無線LANが利用できてしまう状況は危険だ。企業が管理していない不審な端末から無線LANへアクセスされてしまうのも避けたい。正当なユーザー、端末であったとしても、セキュリティポリシーに合致していない端末からのアクセスは防ぐ必要がある。こうした課題を解決し、安全な無線LAN利用を実現する具体策を紹介しよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...