TPP交渉と医療制度改革の議論は切り離すべしTPP交渉参加で日本の医療は変わるのか?(第5回)

TPPは「米国による“現代の黒船”」と表現されることもあるが、TPP交渉によって日本の医療が大きく変わることはない。日本の医療制度の改革は、国民との十分な議論を経て、TPP交渉とは切り離して考えるべきである。

2013年09月06日 08時00分 公開
[小田正規,青山学院大学WTO研究センター]

 日本が初めて全日程に参加した第19回TPP(環太平洋パートナーシップ)交渉会合が終了した。「年内妥結」という大きな方向性は確認されたが、交渉妥結に向けて乗り越えるべき課題は数多く残されている。今後交渉が進むにつれて、交渉参加国の自由化にセンシティブな分野も明確になってくる。交渉が越年する可能性も極めて高い。

TPPで日本の医療への影響を整理

ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...