2013年11月28日 08時00分 公開
特集/連載

富国生命が契約情報を「ファイル転送サービス」で送受信する理由セキュリティと負荷軽減を両立

大容量ファイルを安全に送受信する企業向けファイル転送サービスを業務に利用する富国生命保険。サービス導入や選定の理由とは何か? 同社担当者に聞いた。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 富国生命保険(以下、富国生命)は、企業/組織向けの団体保険、団体年金保険に関する契約内容や保険料、契約残高といった契約データの社内外のやりとりに、セキュリティ機能を備えた企業向けのファイル転送サービスを利用している。同社はファイル転送サービスの導入で、契約データの誤送信や紛失といったリスクを軽減しつつ、契約データのやりとりに伴う作業負荷を軽減しているという。

 富国生命 事務企画部 副部長(システム企画担当)の澤 憲一氏と、事務企画部 システム企画グループ 調査役の石黒裕規氏に、企業向けファイル転送サービス導入の経緯と選定理由、導入効果を聞いた。

ファイル転送利用方法:保険文書の受け渡しに利用

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。