2014年03月03日 08時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ活用の悩みどころを解決する5つのヒントネイティブアプリか、Webアプリか

スマートフォンやタブレット向けのモバイルアプリケーションを業務でも活用しようとする企業が増えている。だが、ネイティブアプリか、Webアプリにするかなど、悩みどころは多い。5つのヒントを紹介する。

[Margaret Jones,TechTarget]

関連キーワード

BaaS | OS | Android | アプリケーション開発 | iPhone | iOS


 スマートフォンやタブレットの繁栄にはモバイルアプリが大きく貢献してきた。多くの企業は今、独自のモバイルアプリの開発にますます関心を示している。

 モバイルアプリを開発すれば社員の生産性が高まる可能性があり、多くの企業にとって時間と資金を投入する価値がある。これまでは難しくて時間のかかっていた業務プロセスが、モバイルアプリを使えば数分あるいは数秒で完了できるようになるかもしれない。ただ、アプリにはそれぞれ難点もある。企業としては、コストを掛けてネイティブアプリを開発するのか、機能の一部を犠牲にしてWebアプリの作成で妥協するのか、予算を考慮して検討する必要がある。

 モバイルアプリ開発の世界になじみがない読者や、どんな選択肢があるか知りたい読者には、以下のFAQが役に立つだろう。

そもそもモバイルアプリ開発とは?

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...