「セキュリティ意識は褒めて伸ばせ」が正解の理由ペナルティばかりでは逆効果

米Gartnerのアナリストが、心理学に基づいたセキュリティ専門家向けのヒントを幾つか提示している。これらのヒントは、ユーザーの考え方を理解して、セキュリティの観点から好ましくない行動を防止するのに役立つ。

2014年09月02日 15時00分 公開
[Eric B. Parizo,TechTarget]

 最高情報セキュリティ責任者(CISO)が組織のセキュリティを確保する上で把握すべき数あるトピックに心理学を追加する必要があるだろう。米Gartnerのあるアナリストによると、セキュリティの観点から好ましくない行動をなくすには条件があるという。それは、セキュリティの責任者がユーザーの考え方を理解する適切な手法を把握することだ。

 2014年6月下旬に開催された「2014 Gartner Security & Risk Management Summit」でGartnerのリサーチ部門副社長であるアンドリュー・ウォールズ氏は、ユーザーのセキュリティ戦略について講演を行った。この講演では、ユーザーの行動に影響する5つの主な心理学的要素を理解していないという理由で、多くの組織がユーザーのセキュリティを強化できていない事実が指摘された。その要素は「評判」「選択」「関係」「精通」「品位」だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...