2014年10月16日 12時00分 公開
特集/連載

次に来るのはまさかの“音声通信”、注目モバイルアプリ「Talko」が物語ること元MSのレイ・オジー氏らが開発

テクノロジーパイオニアのレイ・オジー氏が創立したモバイルスタートアップ企業のTalkoはIT部門を引き付けることができるか?

[TechTarget]

 ある業界パイオニアが、モバイル分野における人々の通信手段を変革しようとしている。専門家たちは、それがいずれエンタープライズ市場に大きなインパクトをもたらすだろうという。

 米Microsoftの元チーフソフトウェアアーキテクト、レイ・オジー氏が率いるスタートアップ企業Talkoの開発したモバイルアプリケーション「Talko」が、ついに姿を現した。

 エンタープライズ仕様のバージョンはまだ先になるが、Talkoはいずれエンタープライズ通信機能の一部に取って代わるかもしれない、と専門家は話す。

 VoIP技術を用いるTalkoは、Wi-Fiや携帯電話ネットワークを利用でき、会話をクラウドに保存することが可能だ。それらの会話はライブで行うことも、また保存して他のユーザーや複数の受信者に転送することもできる。さらに参加者は、Talkoの会話の重要な部分をブックマークしたり、アクションアイテムとしてタグ付けしたりすることもできる。

 「このツールは企業利用でも喜ばれるクリアな生産性拡張機能を持っている」と語るのは、米調査会社VDC Research Groupの上級モバイルアナリスト、エリック・クライン氏だ。

 例えば、会話の途中、コラボレーションの一部として、写真やテキストをシームレスにやりとりしたり、そうした会話を記録としてクラウドに保存したりできる。

 「このツールは大きな注目を集めるだろう。それはオジー氏のネームバリューだけではなく、そこにクールな技術がたくさん組み込まれているからだ」とクライン氏。

 「『Skype』や『Microsoft Lync』など、インスタントメッセージングやビデオカンファレンス、それらを組み合わせたアプリケーションは多いが、問題はそうしたアプリケーションやデータを企業がいかにコントロールできるかだ」。そう指摘するのは、無線技術アドバイザリー会社、米Farpoint Groupの創立者、クレイグ・マシアス氏である。

 「ITのコンシューマライゼーションとともに、アプリケーションのコンシューマライゼーションがやって来た」とマシアス氏はいう。「たとえ明確に禁じられていたとしても、人々は会社の情報を『Dropbox』に置き、それを当然のことのように思っている」

 もしTalkoが組織に組み込まれ、データ転送のセキュリティと一貫性が保証された統合コミュニケーションアプリケーションとして確立すれば、IT部門にとっても非常に魅力的なツールになるだろう。

 「(コンシューマライゼーションの)利点は低コストであること。欠点は、悪意の第三者にとって電話でやりとりされるデータは千金の値打ちがあるという点だ」とマシアス氏は指摘する。「会話でも、動画でも、コラボレーションでも、それは全く同じことである」

エンタープライズ市場も視野に

 今のところ、Talkoは無料のiOSアプリとしてのみ提供される。同社の共同創立者でプロダクトリーダーのマット・ポープ氏によると、現在、米GoogleのAndroid OSとWeb用のクライアントを開発中だという。

 ポープ氏と3人目の共同創立者であるエリック・パテイ氏は、オジー氏とともにMicrosoftと米Groove Networksで(Microsoftに買収されるまで)一緒に働いていた。

 ポープ氏によると、AndroidアプリとWebクライアントを提供した後、同社は有料(ユーザー単位、月額料金体系)のエンタープライズ版を発表する予定だ。サブスクリプション契約すれば、Talkoの通話とデータを保管できるようになる。

 Talkoでは現在、同ツールをエンタープライズアプリと位置付けてはいないが、同社の経営陣は、消費者に受け入れられたら、いずれ組織的ツールとして利用が拡大するだろうと期待している。

 「われわれはその方向(エンタープライズ)へ向かう必要がある」とポープ氏は語る。

 「コンシューマライゼーション時代においては、アプリから徐々にエンタープライズへ浸透していくアプローチは、理にかなっている」とクライン氏。

 「今日のような騒々しい環境にあっては、たとえビッグネームや大きな資本があったとしても、市場に浸透していくのは困難だ」とクライン氏はいう。「他のプラットフォームと統合する方法が見つかれば、ビジネス市場へ参入するための足掛かりになるだろう」

 エンタープライズ版のTalkoには、いずれ管理機能が追加され、IT部門で同製品の管理や配備ができるようになるという。

 Talkoの従業員は現在10人で、ボストン、サンフランシスコ、シアトルのオフィスに分散している。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。