2016年03月20日 07時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:iPhoneファンも欲しがる「Samsung Galaxy S7 edge」に死角はない?その価格に見合う実力を備えているか(3/5 ページ)

[Jamison Cush,TechTarget]

ソフトウェアと機能

アプリをmicroSDカードに Galaxy S7 edgeではアプリをmicroSDカードに読み込むことができる

 microSDスロットの復活は朗報だ。最大200GBのmicroSDカードが利用できる。米国で販売するGalaxy S7 edgeの内部ストレージ容量は32GBのみだ。

 「拡張可能なストレージ」が無効になっていることについては、少なからず議論を巻き起こしている。これは「Android 6.0 Marshmallow」で導入された機能で、ユーザーがmicroSDカードを内蔵ストレージとしてマウントして、アプリやアプリのデータ、メディアを格納できるようにすることを目的としている。だが、この機能をSamsung Electronicsが無効にしたのには正当な理由がある。

 まず、microSDカードを内蔵ストレージとしてフォーマットすると、microSDカードにあるデータを削除し、内蔵ストレージ以外の用途に使えなくなる。いったん導入すると、microSDカードはシステムの一部となる。そのため、microSDカードを取り外すとあらゆる使用上の問題を引き起こす。低速なmicroSDカードを使用することでパフォーマンスの問題が生じることは言うまでもないだろう。拡張可能なストレージの機能は、奥まったところにあって簡単には取り外せない高速なmicroSDカードで使用するのに適している。SIMカードとmicroSDカードで同じスロットを共有しているGalaxy S7 edgeは、このケースには該当しない。

 32GBのストレージがあればアプリとアプリのデータを格納するのには十分だろう。TechTargetがレビューに使用したVerizonのGalaxy S7 edgeは、購入直後に利用可能な領域は22.5GBだった。数少ないVerizonのプリインストールアプリが少なからぬ領域を占有していた。Samsung Electronicsがインストールしているアプリは5種類で、これはデフォルトのメールクライアントとファイルマネジャーを含む。また、写真と動画は多くの領域を占有する。Galaxy S7 edgeのように高解像度対応カメラを搭載する場合は、なおさらだ。microSDカードのサポートは、このような状況に対応するのにうってつけだろう。

 アプリケーションマネジャーの設定メニューにも、この状況に対応する項目がある。この項目を使用すれば、個々のアプリを外部ストレージに移動できる。また、他のデバイスで使用しているmicroSDカードに悪影響を及ぼすこともない。microSDカードを取り外すと、microSDカードに格納しているアプリのアイコンは灰色表示になり、アクセスできなくなる。それ以外に影響はなく、アプリとデータが内部ストレージから移動することもない。

 Galaxy S7 edgeにはゲームで効果を発揮する新機能もある。それが「ゲームランチャー」だ。ゲームランチャーは、ゲームとツールのハブとして機能する。ゲームのプレイ中に通知をオフにしたり、アプリキーと戻るキーをロックしたり、ゲームのプレイを録画したり、画面ショットをキャプチャーしたりするオプションを用意している。

省電力モードも備える。省電力モードには2種類の設定があり、1つはフレームレートを60fps(1秒あたりのフレーム数)から30fpsに調整するもので、もう1つはfpsを調整した上で解像度も低くするものだ。

ゲームプレイで便利な機能 ゲームプレイで便利な機能を多数用意した

 Samsung Electronicsがゲーム機能を重視するのは現在の個人におけるスマートフォンの利用目的を考えると正しいだろう。スマートフォンでゲームをプレイしているときに戻るキーとアプリ履歴キーを誤って押してしまう状況がよく起きることを考えると、これらのキーを無効にする機能は特に有用だ。画面の録画機能では、マイクをオンにしてコメントやゲームの音声も録音できる。ただし、省電力モードは多くのゲームに大きく影響するため改善が必要だ。3Dレースゲームやシューティングゲームでは正常に機能し、60fpsと30fpsでは若干の違いしか見られなかった。だが、「Downwell」や「PAC-MAN CE DX」などのカジュアルゲームでは、動作速度が半減し、ゲームの中断を余儀なくされた。

 ただし、改善の見込みはある。Androidは外付けのコントローラーと適切に連動するが、タッチスクリーンにしか対応していないゲームや対応するコントローラーが限られているゲームが非常に多い。任意のコントローラーにボタンを簡単にマップ(割り当て)できる機能があれば使いなれたデバイスでゲームができるのでかなり快適になるだろう。通常であれば、この作業を行うにはスマートフォンのroot化(管理者権限の取得)が必要になることが多いからだ。

 ソフトウェアでは、セキュリティ機能の「Samsung KNOX」と決済システムの「Samsung Pay」が復活した。Samsung Payは、データ読み取り方式にNFCとMST(磁気セキュア転送)が利用できる。Samsung Payは、クレジットカードを使えるほぼ全ての場所で機能する。例外は、ガソリンスタンドの給油機や駐車場ビルの精算機など、物理的にクレジットカードを挿入する必要がある端末くらいだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...