2016年03月20日 07時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:iPhoneファンも欲しがる「Samsung Galaxy S7 edge」に死角はない?その価格に見合う実力を備えているか(5/5 ページ)

[Jamison Cush,TechTarget]
前のページへ 1|2|3|4|5       

結論

 Galaxy S7 edgeは高機能なスマートフォンだ。トップクラスの処理能力、鮮やかな色彩を表示するディスプレイ、個性的なデザイン、F値1.7のレンズを採用した暗所撮影に強いカメラを備えている。microSDスロットと防水性能が復活したことで、実用性も向上した。最高レベルのスペックを備えたことで、技術の進化が速いスマートフォン市場でも、しばらくは時代遅れにならないだろう。新機能のゲームランチャーとAlways On Displayについても同じことがいえる。

 ただ、Galaxyの歴代モデルで見られていた改良はなされていない。さらに問題なのは、Galaxy S7 edgeの価格が約750〜800ドルであることだ。キャリアによって価格は異なり、米国で販売しているVerizonモデルの価格は792ドルだった。スペックがほぼ同じGalaxy S7の価格は約100ドル安い。また、Glaxy S7 edgeの半額以下で購入可能なHuawei Technologies、Motorola、ZTE、OnePlusが販売しているAndroidスマートフォンもミドルレンジモデルの性能が向上しており、ハイエンドモデルとの差が縮まっている。

 スマートフォンの購入に関する一般的なアドバイスは、Galaxy S7 edgeにも当てはまる。1つ前の世代のGalaxy S6は、もう1年は現役として十分使えるだろう。Galaxy S6、Galaxy S6 edge、Galaxy S6 edge+は、いまでも高い処理能力を維持している。Samsung ElectronicsがGalaxy edgeシリーズをアップデートして、幾つかの新しい機能を導入する可能性は高い。ゲームランチャーとAlways On Displayもその対象になるかもしれない。他の機種から乗り換える可能性がある場合は、数百ドル節約できる代わりに、カメラのシャッター速度が遅くて、デザインが古臭いスマートフォンを受け入れることがでkkるかが、購入するか否かの分かれ目になるだろう。

長所

  • 圧倒的に魅力的なスマートフォンのデザイン
  • 市場に出回っているの中で最高のスマートフォン
  • 非常に美しいディスプレイ
  • 市場をリードするパフォーマンス

短所

  • 滑りやすいガラスと金属製の本体
  • 細心の注意が必要な指紋センサー
  • 要改善レベルの新しいエッジとディスプレイの機能

前のページへ 1|2|3|4|5       

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...