2017年06月28日 09時00分 公開
特集/連載

「フルバックアップが終わらない」を解決する2つの方法製品選定のための「データ管理/保護」コラム【第1回】(1/2 ページ)

バックアップ容量が増え続ける中、手動運用でカバーするには無理がある。そこで検討したいのがフルバックアップを不要にする2つのバックアップ方法だ。データ種類別のバックアップ方法のベストプラクティスも紹介。

[木島 亮,伊藤忠テクノソリューションズ]

 TechTargetジャパンが2017年3月に実施した「企業のバックアップ/リカバリー環境に関するアンケート調査」によれば、「バックアップ/リカバリーの重要項目」と「バックアップ/リカバリーの不満項目」を尋ねた回答の上位に「バックアップ時間」が挙がった。この背景には、企業システムのバックアップ容量の増大や、夜間にフルバックアップが終わらないといった現場の課題が考えられる。なぜバックアップに時間がかかってしまうのか、また、どのような対策があるのか。今回は、バックアップ時間を考慮したバックアップ設計の見直しについて解説する。

「バックアップ/リカバリーの重要項目」と「バックアップ/リカバリーの不満項目」(出典:TechTargetジャパン、2017年3月「企業のバックアップ/リカバリー環境に関するアンケート調査」)《クリックで拡大》

なぜバックアップに時間を要するのか?

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...