2017年03月13日 10時00分 公開
特集/連載

【徹底比較】統合型バックアップアプライアンスを比較、主要5製品の特徴は?データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第5回】(1/2 ページ)

ArcserveやDell EMC、Barracuda、Veritasといった主要ベンダーの統合型バックアップアプライアンスを比較し、それぞれのメリット/デメリットを解説した。比較表は無料でダウンロードできる。

[木島 亮,伊藤忠テクノソリューションズ]

比較表をダウンロード(会員限定/無料)

統合型アプライアンスの比較

Arcserve UDP Appliance、Avamar、Barracuda Backup、NetBackup Appliance、Rubrikといった主要な統合型アプライアンスの機能を比較した(2017年2月時点、筆者調べ)。比較表は「主要な統合型バックアップアプライアンス、機能比較」からダウンロードしてご確認いただきたい。


 本連載では、2種類のバックアップアプライアンス「ターゲット型バックアップアプライアンス」(以下、ターゲット型アプライアンス)と「統合型バックアップアプライアンス」(以下、統合型アプライアンス)について解説してきた。第1回から第3回は、両者の違いと製品選定ポイントを解説し、第4回はターゲット型アプライアンス製品を比較した。第5回の今回は、統合型アプライアンスの製品を比較する。

 統合型アプライアンスの概要をおさらいしよう。統合型アプライアンスは「バックアップサーバ」と「バックアップデータ保存先ストレージ」を組み合わせた製品である。

統合型アプライアンスの概要

 統合型アプライアンスは複数のコンポーネントをまとめた1つの製品のため、導入時の互換性確認が軽減できる。また運用開始後のバージョンアップや容量拡張/追加が容易で、EOSL(ベンダー保守期間終了)のリプレースも簡単だ。製品数を減らし、構築・運用・保守をシンプルにすることが、統合型アプライアンスを導入する主な目的といえるだろう。

 今回は下記の流れで説明する。

 ・比較対象製品
 ・比較項目と比較表
 ・各製品の特徴
 ・製品選定の指針まとめ

比較対象製品

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...