2017年03月13日 10時00分 公開
特集/連載

【徹底比較】統合型バックアップアプライアンスを比較、主要5製品の特徴は?データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第5回】(1/2 ページ)

ArcserveやDell EMC、Barracuda、Veritasといった主要ベンダーの統合型バックアップアプライアンスを比較し、それぞれのメリット/デメリットを解説した。比較表は無料でダウンロードできる。

[木島 亮,伊藤忠テクノソリューションズ]

比較表をダウンロード(会員限定/無料)

統合型アプライアンスの比較

Arcserve UDP Appliance、Avamar、Barracuda Backup、NetBackup Appliance、Rubrikといった主要な統合型アプライアンスの機能を比較した(2017年2月時点、筆者調べ)。比較表は「主要な統合型バックアップアプライアンス、機能比較」からダウンロードしてご確認いただきたい。


 本連載では、2種類のバックアップアプライアンス「ターゲット型バックアップアプライアンス」(以下、ターゲット型アプライアンス)と「統合型バックアップアプライアンス」(以下、統合型アプライアンス)について解説してきた。第1回から第3回は、両者の違いと製品選定ポイントを解説し、第4回はターゲット型アプライアンス製品を比較した。第5回の今回は、統合型アプライアンスの製品を比較する。

 統合型アプライアンスの概要をおさらいしよう。統合型アプライアンスは「バックアップサーバ」と「バックアップデータ保存先ストレージ」を組み合わせた製品である。

統合型アプライアンスの概要

 統合型アプライアンスは複数のコンポーネントをまとめた1つの製品のため、導入時の互換性確認が軽減できる。また運用開始後のバージョンアップや容量拡張/追加が容易で、EOSL(ベンダー保守期間終了)のリプレースも簡単だ。製品数を減らし、構築・運用・保守をシンプルにすることが、統合型アプライアンスを導入する主な目的といえるだろう。

 今回は下記の流れで説明する。

 ・比較対象製品
 ・比較項目と比較表
 ・各製品の特徴
 ・製品選定の指針まとめ

比較対象製品

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...