2017年12月25日 05時00分 公開
特集/連載

Bluetoothがペアリングなしで乗っ取られる危険、「BlueBorne」からスマホをどう守るAndroid端末は特に注意を

Bluetoothデバイスに対してリモート接続を可能にする脆弱(ぜいじゃく)性「BlueBorne」とは何か。どのような対応が必要か、専門家が解説する。

[Matthew Pascucci,TechTarget]

関連キーワード

Bluetooth | IoT(Internet of Things) | 脆弱性


BlueBorne 「BlueBorne」について解説するArmisのWebサイト《クリックで拡大》

 幾つかのBluetoothの脆弱(ぜいじゃく)性がセキュリティ企業Armisの研究者により明らかになった。Armisの研究者はこれらの脆弱性を総称して「BlueBorne」と名付けた。BlueBorneという脆弱性はどの程度深刻なのだろうか。企業は自社のモバイルデバイスへのBluetoothアクセスを無効にすることを検討すべきだろうか。

 2017年11月、Armisの研究者は、対象となるユーザーに気付かれることなくデバイスにリモート接続することを可能にする、幾つかのBluetoothの脆弱性を発見した。

 AndroidやLinux、Windows、iOSデバイスにおいてこれらの脆弱性の報告が上がった。このエクスプロイト(脆弱性攻撃プログラム)に対する責任ある開示を通じて、これら全てのベンダーが「BlueBorneに対してパッチを作成するように」との連絡を受け、Armisと協力して対策を講じた。現在懸念されているのは、アップデートを有効に適用しない可能性のあるBluetoothデバイスが膨大にあることだ。この懸念は、Androidデバイスへのアップデートの提供を全ての製造業者に実施させる必要があることと合わせ、BlueBorneの脆弱性を修正する際に最も大きなハードルとなるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

news157.jpg

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。