2018年05月24日 05時00分 公開
特集/連載

GDPRはデータ管理システムを一新するチャンスとなる今がセキュリティを見直す時

EUの「一般データ保護規則」(GDPR)順守に関して企業は、多くの課題が突きつけられている。しかし、これを克服すれば、非常に優れたストレージ管理とデータ管理のシステムを構築する好機となる。

[Rich Castagna,TechTarget]
画像 GDPRをチャンスにつなげる

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則「GDPR」(General Data Protection Regulation、以下GDPR)に対応するため、全世界の企業がストレージ管理を見直すことになる。これは企業自体にもその顧客にもメリットになる。

 GDPRが一般データ保護規則のことだと知っていても、「欧州市民に関すること」ぐらいに軽く考えていると、適用開始となる2018年5月に慌てふためくことになるかもしれない。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...