GDPRはデータ管理システムを一新するチャンスとなる今がセキュリティを見直す時

EUの「一般データ保護規則」(GDPR)順守に関して企業は、多くの課題が突きつけられている。しかし、これを克服すれば、非常に優れたストレージ管理とデータ管理のシステムを構築する好機となる。

2018年05月24日 05時00分 公開
[Rich CastagnaTechTarget]
画像 GDPRをチャンスにつなげる

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則「GDPR」(General Data Protection Regulation、以下GDPR)に対応するため、全世界の企業がストレージ管理を見直すことになる。これは企業自体にもその顧客にもメリットになる。

 GDPRが一般データ保護規則のことだと知っていても、「欧州市民に関すること」ぐらいに軽く考えていると、適用開始となる2018年5月に慌てふためくことになるかもしれない。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...