2018年08月23日 05時00分 公開
特集/連載

2018年1〜3月に最も多かったDDoS攻撃は? CDNetworksが分析IoT機器が狙われる傾向

DDoS攻撃対策サービスを提供するCDNetworksが、2018年1月〜3月に防御したDDoS攻撃の分析レポートを発表した。最も多かった攻撃と、IoT機器に潜むリスクとは。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

関連キーワード

DDoS攻撃 | セキュリティ


画像 図1 四半期別・悪用されたプロトコル別のDDoS攻撃件数(出典:CDNetworks)

 シーディーネットワークス・ジャパン(以下、CDNetworks)は2018年08月16日、セキュリティレポート「2018年第1四半期 DDoS攻撃の動向と今後の見通し」を発表した。レポートでは、DDoS(分散型サービス拒否)攻撃対策サービス「クラウド・セキュリティDDoS」で2018年1月〜3月に防御した攻撃パターンを基に、DDoS攻撃のトレンドを分析した。

2018年1月〜3月に多かったDDoS攻撃パターンは

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...