2018年08月23日 05時00分 公開
特集/連載

2018年1〜3月に最も多かったDDoS攻撃は? CDNetworksが分析IoT機器が狙われる傾向

DDoS攻撃対策サービスを提供するCDNetworksが、2018年1月〜3月に防御したDDoS攻撃の分析レポートを発表した。最も多かった攻撃と、IoT機器に潜むリスクとは。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

関連キーワード

DDoS攻撃 | セキュリティ


画像 図1 四半期別・悪用されたプロトコル別のDDoS攻撃件数(出典:CDNetworks)

 シーディーネットワークス・ジャパン(以下、CDNetworks)は2018年08月16日、セキュリティレポート「2018年第1四半期 DDoS攻撃の動向と今後の見通し」を発表した。レポートでは、DDoS(分散型サービス拒否)攻撃対策サービス「クラウド・セキュリティDDoS」で2018年1月〜3月に防御した攻撃パターンを基に、DDoS攻撃のトレンドを分析した。

2018年1月〜3月に多かったDDoS攻撃パターンは

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...