2012年04月09日 09時00分 公開
特集/連載

小規模攻撃の方がより危険? 「DDoS攻撃」の意外な事実真の脅威はアプリ層狙いの攻撃

大規模化が進む分散型サービス妨害(DDoS)攻撃。だがトラフィックの急増を伴う大規模攻撃より、アプリケーション層を狙った小規模攻撃の方が危険だと専門家は指摘する。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 分散型サービス妨害(DDoS)攻撃が進化を続けている。企業が恐れてきたのは高帯域のネットワークに対する力ずくの攻撃だが、小規模のアプリケーションレベルのDDoS攻撃の方がより一般的で、危険性も高いことが分かってきた。

 ネットワークに対する大規模DDoS攻撃は大量の帯域を占有し、壊滅的な障害を引き起こすこともある。これに対して小規模のDDoS攻撃は、小さなパッケージがより大きな問題をもたらしかねない実態を示す。小規模DDoS攻撃では、攻撃者は本物のユーザートラフィックを装い、偽のIPアドレスではなく正規のIPアドレスを使って正体を隠す。

 アプリケーション配信とセキュリティを手掛ける米Radwareがまとめた、世界のアプリケーションとネットワークセキュリティに関する2011年版の報告書によれば、2011年に起きたDDoS攻撃のうち、76%は帯域幅が1Gbpsに満たず、10Gbpsを上回ったのは9%のみだった。同報告書では、さまざまな企業を標的としたDDoS攻撃40事例を分析。DDoS攻撃の56%はネットワーク集中型ではなく、アプリケーション指向だったことも分かった。

DDoS攻撃の種類:規模は小さく、手口は巧妙に

 米Gartnerの副社長兼調査アナリスト、ジョン・ペスカトーレ氏によれば、DDoS攻撃は全体的に増加傾向にあるという。特定のWebサイトを狙ったアプリケーションレベルの攻撃が多いのは、極めて単純かつ非常に高度なDDoS攻撃の手口が登場したことに起因するようだと同氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...