「ゼロトラストセキュリティ」とは? クラウドが求めたセキュリティモデルゼロトラストセキュリティとは何か【前編】

「ゼロトラストセキュリティ」とは何か。その目的とは。クラウドの普及で企業ITが変化する中、有力なセキュリティモデルとして注目すべきゼロトラストセキュリティを概観する。

2020年03月12日 05時00分 公開
[Dave ShacklefordTechTarget]

 クラウドの普及に伴って社内外のネットワークの境界が曖昧になる中、セキュリティ担当者はネットワークセキュリティとアクセス制御に対する取り組み方を見直す必要性が高まっている。こうした中で注目すべきセキュリティモデルが「ゼロトラストセキュリティ」だ。

ゼロトラストセキュリティとは

 ゼロトラストセキュリティは「エンドユーザーが企業ネットワークの内にいるか、外にいるかにかかわらず、必要なときに認証を要求する」セキュリティモデルだ。2010年に調査会社Forrester Researchのアナリストが提案した。ゼロトラストセキュリティの目的は、以下の視点を取り入れたセキュリティ対策を実現することにある。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...