2020年03月12日 05時00分 公開
特集/連載

「ゼロトラストセキュリティ」とは? クラウドが求めたセキュリティモデルゼロトラストセキュリティとは何か【前編】

「ゼロトラストセキュリティ」とは何か。その目的とは。クラウドの普及で企業ITが変化する中、有力なセキュリティモデルとして注目すべきゼロトラストセキュリティを概観する。

[Dave Shackleford,TechTarget]

 クラウドの普及に伴って社内外のネットワークの境界が曖昧になる中、セキュリティ担当者はネットワークセキュリティとアクセス制御に対する取り組み方を見直す必要性が高まっている。こうした中で注目すべきセキュリティモデルが「ゼロトラストセキュリティ」だ。

ゼロトラストセキュリティとは

 ゼロトラストセキュリティは「エンドユーザーが企業ネットワークの内にいるか、外にいるかにかかわらず、必要なときに認証を要求する」セキュリティモデルだ。2010年に調査会社Forrester Researchのアナリストが提案した。ゼロトラストセキュリティの目的は、以下の視点を取り入れたセキュリティ対策を実現することにある。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。