2008年03月03日 10時00分 UPDATE
特集/連載

CRM活用、成功の秘訣を探る【第2回】導入検討企業の6割がSaaS型に注目! アンケートで分析するCRMのユーザー動向

企業におけるCRMの導入状況、導入意欲は? 読者はどのようなCRMを求めているのか? TechTargetジャパンで行ったアンケート結果を見ていこう。

[納富友三,TechTargetジャパン]

 CRMは企業でどれほど利用されているのだろうか。IT専門調査会社のIDC Japanが2008年2月に発表した「国内ITソリューション市場 2007年の分析と2008年〜2012年の予測」によると、CRM市場の2007〜2012年のCAGR(年間平均成長率)は6.0%で、2012年には6245億円の市場規模に達するという。SaaS型CRMの台頭で注目度が高まっているのは事実だが、一方で日本では自社開発したCRMを利用している企業も多いと聞く。

 そこで、TechTargetジャパンは、2007年12月末から2008年1月末にかけて読者を対象に「CRM利用動向調査」を実施した。これに対して81件の回答が寄せられ、現在の導入状況、導入検討中の企業が検討しているアプリケーションと導入の目的など、興味深い結果を得ることができた。

現在のCRM導入状況

 まず、読者が所属する企業のCRM導入状況について質問した結果が以下のグラフである。

画像 CRMの導入状況

 CRMの導入状況は、「導入済み」が39%となった。「2年以内に導入予定」の企業は少ないが、「導入を検討中」は22%に上った。「導入済み」「2年以内に導入予定」「導入を検討中」を足すと全体の6割を超え、多くの企業がCRMを実際に使っている、もしくは興味を持っているという現状がうかがえる。

現状は社内構築型の導入が多いが、興味を持っているのはASP/SaaS型

 CRMを「導入済み」と答えた読者に、「社内構築型(パッケージ)」あるいは「ASP/SaaS型」のどちらを導入しているか質問したところ、社内構築型が62%、ASP/SaaS型が38%という結果となった。

画像 社内構築型(パッケージ)・ASP/SaaS型の導入状況と導入検討企業の興味

 一方、CRMを「2年以内に導入予定」「導入を検討中」と答えた読者の興味は、社内構築型が40%、ASP/SaaS型が60%となった。導入済み企業の状況と、検討中の企業の興味の結果は間逆となっている。

 確かに最近のCRM関連のニュースはSaaSに関する話題がついて回る。パッケージCRMの代表格「Siebel CRM」は既にSaaS型でも提供されているし、「Salesforce」は連携製品がさまざまなベンダーから発表されている。そしてマイクロソフトの「Microsoft Dynamics CRM」も新版(4.0)でSaaS型の提供を開始するという。こういった大手ベンダーのSaaS提供・連携製品が続々発表される現状を見ても、SaaS型CRMの伸びは今後も加速していきそうだ。

導入の目的は「営業力強化」と「情報・知識共有」

 続いてCRMの導入目的について尋ねた結果が以下のグラフである。

画像 CRMの導入目的(複数回答)

 CRM導入の目的は、「営業力強化」と「情報・知識共有」が66.7%と最も多く、次いで「顧客満足度の向上」と「マーケティング支援」が続くという結果だった。導入によるコスト削減の意識はあまり高くなく、ビジネス拡大のために使うという「攻め」の意志がCRM導入に働いているようだ。

関連ホワイトペーパー

CRM | SaaS | コールセンター | 顧客満足 | マーケティング | SFA


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

The Trade DeskとWhite Opsが提携、アドフラウド対策のプラットフォームを提供開始
The Trade DeskはWhite Opsと提携を発表し、広告業界におけるアドフラウド対策のプラット...

news116.jpg

セブン&アイ・ホールディングス社長 井阪隆一氏らが語る「顧客の時代」
本稿では「Salesforce World Tour Tokyo 2017」から セブン&アイ・ホールディングス 代...

news091.jpg

グランドデザインの「Gotcha!mall」がDMA国際エコー賞を受賞
グランドデザインは、同社のスマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall...