2008年04月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

まる分かりIT基礎解説「Web会議」読めば分かる! Web会議とテレビ会議の違い

社内にいながらにして遠隔地との会議を可能にするWeb会議。一見テレビ会議と同じように見えるが、異なるものである。Web会議とは何か。そのメリット、導入に当たっての注意点とは?

[宮野 亮,ウェブエックス・コミュニケーションズ・ジャパン]

「Web会議」を正しく理解しよう

 Web会議とは、資料やソフトウェアを共有するための機能に音声や映像、チャットなどのコミュニケーション機能を統合させた、共同作業を行うための新しいコミュニケーションツールである。Webブラウザを利用するため、「Web会議」と呼ばれる。Web会議を正しく理解するには、まずテレビ会議との違いを知ることが重要となる。既に欧米では、一般的な企業活動でWeb会議を使用するほど広く普及している。それに比べ日本国内では、ブロードバンド化に伴ってようやく普及しつつあるという状況だ。Web会議というキーワード自体は、SaaS(Software as a Service)やユニファイドコミュニケーションといったキーワードとの関連性や、シスコシステムズ、Google、IBMといった世界的な大手IT企業によるWeb会議ベンダーの相次ぐ買収により、現在国内でも高い注目が集まっている。また、総務省をはじめ官民での取り組みが進むテレワーク実現のためのソリューションとしても導入が始まっている。では、Web会議について、その効果や用途、注意点などを詳しく解説していこう。

Web会議とテレビ会議の違いは何か?

 Web会議は「テレビ会議の単なるWeb版」ではない。そもそも利用目的(会議において共有する対象)が異なるのである。Web会議の主な利用目的は、実務作業で必要となるデータ(資料)の共有である。例えば、海外の開発拠点と国内の技術研究所間で、3次元のCADデータを共有しながら設計図面の修正を行う場合などはWeb会議が有効だ。

 一方、テレビ会議は、遠隔地間で現場の臨場感をできる限り再現すること、すなわち解像度の高い鮮明な映像データの共有が目的となる。表情をお互いに確認しながら「駆け引き」を行う会議などでは、各出席者の表情がはっきりと確認でき、臨場感が伝わるテレビ会議が適当だろう。Web会議では、表情まで読み取ることは難しい。

 また、Web会議とテレビ会議は出席形態も大きく異なる。Web会議では各個人のPCを使って参加する形態を取るが、テレビ会議では専用端末が設置された場所に、会議に参加するメンバーが集合して参加する形態となる。この出席形態から見ても、適する用途は大きく異なってくる。

Web会議とテレビ会議の比較
主な共有対象 必要機器 出席形態 主な用途
Web会議 データ(資料) PC、インターネット回線 自席 実務レベルの共同作業
テレビ会議 カメラ映像(表情) 専用端末、専用回線 会議室 役員レベルの重要会議

 資料やソフトウェアなどを共有し、共同作業をネットワーク上で行うのがWeb会議の得意分野である。対して、臨場感を再現し表情などに代表される感情共有がテレビ会議の得意分野といえる。どちらも音声や映像、資料の共有はある程度可能だが、その主となる目的に応じて、得意分野が分かれている。

関連ホワイトペーパー

SaaS | ASP | ビデオ会議 | VoIP


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...