2010年11月19日 08時00分 公開
特集/連載

強固なセキュリティとモビリティを両立させるWeb会議システムの雄「WebEx」Web会議システム紹介:シスコシステムズ

全方位型でHDビデオ会議システムを提供するシスコは、一方で世界市場トップシェアを握る「WebEx」という強力なWeb会議システムを150カ国で展開している。WebExが世界中で評価されている理由はどこにあるのか。

[井上猛雄]

 「WebEx」は、世界150カ国、毎月1000万人以上が利用し、ワールドワイドのWeb会議サービス市場で51.9%のトップシェアを占めるWeb会議システムだ(「Frost & Sullivan, World Web Conferencing Service Market, July 2008」による)。WebEx自体は1996年に設立、2007年にシスコシステムズ(以下、シスコ)に買収され、現在に至っている。一方でシスコは、従来一般的に利用されているハイエンドのビデオ会議システムにも注力する。2010年4月にはノルウェーのタンバーグを傘下に収め、高精細HDビデオ会議システムのラインップ拡充を図っている(タンバーグ製品についての詳細はビデオ会議製品紹介記事を参照)。

 では、同社はビデオ会議システムとWeb会議システムのすみ分けについて、どのようにとらえているのだろうか? 同社コラボレーションソフトウェアグループ マーケティングマネージャの内田耕太郎氏はこう説明する。

 「Web会議を、いわゆるビデオ会議のWeb版や廉価版というイメージでとらえるユーザーが多いようだが、実はそうではない。ビデオ会議が臨場感を伝え、役員レベルの重要会議で利用されるのに対し、Web会議の方はデータ共有、実務レベルの共同作業に適している。従って、資料やデータを共有しながら会議ができることが重要になる。Web会議システムにはほかにも、PCとWebカメラ、ネット回線さえあれば、すぐにスタートできるという手軽さがある」

画像 内田氏は、ビデオ会議とWeb会議それぞれの相違点を理解した上で、状況によって使い分けることが肝要だと話す

 もちろんWeb会議システムを組織で導入する場合には、一般的な会議から多人数での映像配信まで、さまざまな利用目的がある。そこで、WebExのラインアップでは大きく4つのタイプが用意されている。具体的には、ベーシックな機能を備え、いつでも簡単にオンライン会議が可能な「Cisco WebEx Meeting Center」、従業員、顧客、担当者などを集めて効果的なオンライントレーニング空間を作り出す「Cisco WebEx Training Center」、インターネット上でプロモーション用のオンラインセミナーなど数千人規模のイベントを開催できる「Cisco WebEx Event Center」、オンラインでリモートサポートを実現する「Cisco WebEx Support Center」の4製品である。本稿では、オンライン会議を目的としたCisco WebEx Meeting Center(以下、WebEx)を中心に紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...