2008年10月24日 07時30分 UPDATE
特集/連載

ステークホルダー別目的を見極めるなぜパフォーマンステストを行うのか

パフォーマンステストを依頼する担当者は、自分たちが何を知りたいのかをまるで分かっていないことが多い。

[Scott Barber,TechTarget]

 至ってシンプルな質問をタイトルにしてみた。答えもごくシンプルにまとめられる。

 「さまざまな条件の下でさまざまなパフォーマンス特性を判定、評価するため」

 だが、実際にテストを行うに当たっては、「どのパフォーマンス特性にどのステークホルダーがどのような理由で関心を持つか」まで踏み込んで理解していなければ、この答えはほとんど意味を成さない。しかも困ったことに、大抵の場合、われわれベンダーにパフォーマンステストを依頼する担当者は、自分たちが何を知りたいのか、また、われわれが何を適切に提供できるのかをまるで分かっていない。さらに、こうした担当者は、テスト結果の利用目的が、われわれがどのテストを行うか、それらをどのように設計するかを大きく左右することを理解していない。

 わたしの経験では、ステークホルダーにパフォーマンステストの実施目的を尋ねると、3つの答えのどれかが返ってくるのが通例だ。


  • あなたはパフォーマンステスターなのだから、こちらこそ目的を教えてほしい
  • 本番運用でどれだけのユーザー、注文、顧客に対応できるか知りたい
  • システムが十分な速度で動くことを確認したい

 もちろん、1つ目の答えは、冒頭のわたしの答えと同様に意味を成さないが、ほかの2つで挙げられていることも実際には不可能だ。パフォーマンステストの際に、これらを信頼できるレベルで行えるだけのデータや機器が使えることはほとんどないからだ。しかし、「ほとんど意味を成さない」と「実際上不可能」の間に、パフォーマンステストの多様な目的がある。そもそもそうした有意義で実現可能な目的(ステークホルダーがそれらを最初から意識していてくれればいいのだが)がなければ、われわれはパフォーマンステストを行っていないだろう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...