2008年01月31日 04時42分 公開
特集/連載

【Q&A】ソフトウェア開発における効果的な顧客コミュニケーションAsk The Expert

ソフトウェアの開発では、開発サイクルの後期になってから問題を発見すると、最初のプロトタイプの段階での発見よりも対処は困難になるものだ。

[Rob Apmann,TechTarget]

質問:われわれは顧客とのコミュニケーションに苦労しています。現在、ソフトウェアの機能を固めている段階ですが、プロトタイプの一部の機能がうまく動きません。顧客を怒らせずにこの問題を伝えるにはどうすればよいでしょう。また、機能の詰め込み過ぎを避ける方法はありますか。

 質問を読んでまず、あなたと顧客の間では定期的な対話が行われていないという印象を受けた。

 「プロセス」の一部として、各ステップごとに顧客に関与してもらうべきだろう。何かができていないことを開発サイクルの後期になってから発見すると、最初のプロトタイプを見てすぐに発見するよりも、対処が困難になってしまう。アジャイル手法を取り入れて顧客と仕事をすれば、工程の進行とともに多数の小規模な変更や見直しを頻繁に行い、実装の細部を手直ししていける。その積み重ねの中でおのずと機能が完成することになる。ふたを開けてみたら機能が期待外れだったという事態は起こらない。

関連ホワイトペーパー

コミュニケーション | 開発プロセス


ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...